*

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

公開日: : グルメレポート


ふと立ち寄ったサードロードの食堂。
ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃれな感じもする。

pattaya-3rd-road-restaurant-9

店頭の黒板ボードに、Thai foodと書いてある。
とりあえず入って見ると、なかなかいいお店。
味もよくて、ここはおすすめだ。

SPONSOR LINK

店内とメニュー

店内
pattaya-3rd-road-restaurant-6

店内にはスピーカーや譜面台が置いてあるので、元々は生バンドが演奏するバーだったのかもしれない。

壁にメニューが張り出してある。
テーブルの上にもメニューあり。

pattaya-3rd-road-restaurant-1

英語併記なのでオーダーは簡単です。
一皿40バーツから60バーツと、お手頃価格。

オムレツ

まず気になったのが、オムレツ。
Stuffed Omelet with Rice。50バーツ。

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-1

豚肉や野菜を甘辛く炒めたものを、卵で包んでオムレツにしたもの。
屋台でおなじみのカイジアオとは違う。

薄く焼いた卵を開けると、具材で出てくる。

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

たぶんメインはケチャップで味付けしてあるのだろうが、ケチャップのくどさは、ほとんど感じさせない。
けっこうおいしいなあ。
肉と卵とタレだけで、ご飯が何杯でも食べられそうな味だ。
いいねえ。
ただ、量は少なめです。

ガパオムー

つづいては、定番のガパオで。
Stir-Fried Pork with Basil
これに卵焼き(カイダーオ)も付けた。
タイ語で言うなら、ガパオムーサップカイダーオ。50バーツ。

pattaya-3rd-road-restaurant-gapao

おお、これも、いいぞ。
ガパオなんて基本的に人工調味料をドバーッとふりかけて、どの店でも似たようなものだけど、この店のガパオは、どことなく上品な味付けだ。
うまく説明できないが、とにかくうまい。
でも辛さは手加減なしだ。

今のところ、パタヤで食べたガパオの中ではナンバーワンかも。
これはリピートしたくなる味だ。
あっという間に完食した。
大盛りにしてもいい。

 

店内は、ローカル食堂にしては、小綺麗な雰囲気。
HOME KITCHENという看板が上がっているように、どこか家庭的。
味も家庭的。

pattaya-3rd-road-restaurant-2

店主のおばさんは、気さくな人柄で、これまたアットホーム。
店名は、店主のおばさんの名前をそのまま利用しているそうだ。
「It’s my name」とおばさんが笑っていた。
名前は現地で直接聞いてね。

地図と場所

地図

ちょっと場所が不便。
サードロードの山側なんで、ソイブッカオからはサードロードまで出て、さらに道路を渡る必要あり。

ソイでいうと、サードロードのソイ10/1。

(パラソルの下がバイタク乗り場になっていて、その向こう側が食堂)
pattaya-3rd-road-restaurant-5

かなりパタヤカン寄りにあって、パタヤカンでソンテウを降りれば、歩いて行ける。

店内からサードロードをみたところ
pattaya-3rd-road-restaurant-8

営業時間は、11時から18時まで。
(国王崩御後、ずっと閉まっているので、現在も営業中かは不明)

まだ2品しか食べていないが、たぶん、他の料理も間違いない味でしょう。
一人で訪れても平気だし、おすすめの食堂です。
無料の水も置いてますよ。

SPONSOR LINK

関連記事

カイピン (3)

カイピン-殻付きの串焼き卵

屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。 鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。

記事を読む

セイラーバーレストランのシュニッツェルカツレツ (2)

セイラーバーレストランでシュニッツェル(豚カツ)を食べる

ソイ7とソイ8を歩いていると、急に洋食が食べたくなった。 こんな時は、ソイ8にあるSAILOR

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

ホルモン焼肉屋台 (1)

ホルモン焼肉屋台。油っこいけど、ビールのあてにどうぞ。

焼き鳥屋台に比べると数は少ないけれど、パタヤでちょこちょこ見かけるのが、この屋台。

記事を読む

カオソーイ (3)

パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。

カオソーイとは、タイ北部チェンマイの名物料理。 乾燥麵と太麺が入ったカレーラーメンのようなもの

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

Chicken world Pattaya (3)

カレー風味の巨大ガイヤーンにかぶりつけ!Chicken World@ソイブッカオ

ソイブッカオの南側に以前から気になっているガイヤーンの店がある。 店頭に大きなグリルがおいてあ

記事を読む

ヌアヤーンとナムトックムーのダブル焼き肉丼

ヌアヤーンとムーヤーンのダブル焼き肉丼うまし

ある夜のこと。 食事中の友人たちから誘いを受ける。 食べきれないくらい量があるんで、食べに来

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

アドステア

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑