パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤニュース

【タイ・プミポン国王死去】静まり返ったパタヤの夜

投稿日:


タイ時間で、10月13日午後7時頃、プミポン国王死去のニュースが流れた。

わたしはちょうどバイクで外出中で、友人から教えてもらい、すぐにパタヤ中心部へ戻った。

テレビ画面は白黒に切り替わって、在りし日のプミポン国王の姿を放送している。

すれ違う人の中には、目を真っ赤に腫らしている人もいた。
街中のバーからネオンと音楽が消えている。これは禁酒日でも同じことだが、はっきりと、いつもとは違う。それは肌で感じた。

ソイLKメトロ

まずは、LKメトロへ立ち寄ってみた。
時刻は午後7時半過ぎ。
ゴーゴーバーはすべてクローズ済み。

pattaya20161013-5

警察車両がとまっている。

帰宅ラッシュの様相を呈していて、ブッカオ側の入り口はすごい人混みだった。
もちろん、何の事情も知らずにLKメトロを訪れた外国人も多いだろう。

LKメトロ内のゲストハウス兼バービアの多くはまだ営業中。
ただし、ほとんどの店はネオンサインを消している。音楽もストップだ。

バービア

その後、ブッカオにある知り合いのバービアへ行って、様子をうかがう。
まだ警察の通知が来ていないようで、どこも営業している。アルコールの提供も問題なし。

でも、ほとんどすべてのバーでネオンを消し、音楽も消している。
知り合いのバービア嬢も元気がない。ときおり涙を浮かべている人もいた。

近くのバービア経営者たちが集まって、これからの営業時間なんかを相談。
さっぱりわからないというのが答えのようで、警察からの通知待ちのようだ。

と、警察車両がまわってきて、閉店するようにとアナウンスを流していた。

これにて閉店。客のいないバービアは即クローズ。
客が残っているバーは、ドリンクを飲み干すまでは営業を続けていた。

ソイ7を通ってみたが、ひっそりと営業しているバービアが多かった。

pattaya20161013-6

数少ないソイ7内のゴーゴーバーはクローズ済み。

ウォーキングストリート

それからウォーキングストリートの様子を見に行った。

pattaya20161013-7

到着したのが午後9時。
禁酒日や仏日と同じく、シーフードレストランの照明だけが煌々とついている。
ゴーゴーバーは完全にクローズ。

pattaya20161013-1

バカラもこの通り
pattaya20161013-2

通りの中には警察官の姿が目立った。
これでは派手な動きは一切できないだろう。

また、観光客はそこそこ歩いていた。
事情がわからない人は混乱していそう。

 

その後、パタヤを周遊してみたが、バービアはちょろちょろと営業していた。

LKメトロを夜10時くらいに再訪。
ゲストハウス兼バービアは、まだまだ営業していて、アルコールも提供していた。

ただし、音楽は一切無し。
笑い声も聞こえない。
パタヤの街は静まり返っていた。
ときおり聞こえるビリヤードの音だけが虚しく響いていた。

明日からは?

この記事を書いているタイ時間の午後11時半時点では、まったくはっきりしない。

複数のバービアのボスにメールで問い合わせしてみたが、現時点ではわからないとの答え。
とりあえず3日間は営業できないだろうとの憶測が流れている。これは別のバービア筋から聞いた。
それ以降はまったく不明。
30日間営業自粛とも言われているが、これまたはっきりしない。

前例のない事態だけにまったく想像が付きません。
情報が錯綜していて、現時点では、誰も答えを知りません。

今はただ、プミポン国王のご冥福をお祈りします。

SPONSOR LINK

-パタヤニュース

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.