*

チャン島初日夜は、20歳バービア嬢をペイバー

沈没日記9(チャン島編3)

チャン島初日。
夜遊び予備調査を終えて、しばし部屋でまったり。

chang-hotel

やはりこんな広くて豪華な部屋で一人寝はいやだ。
なんとか相手を探さなくては。

20歳バービア嬢をペイバー

シーフードレストランで食事をしてから、いざバービアへ。
昼間に調べておいて、一番反応がよかったバービア群だ。

koh-chang-beerbar-3

夜になると、バービアにはネオンが点灯していて、ぐっと雰囲気が増している。
やっぱり、バービアはこうじゃないとね。

とはいえ、周囲は真っ暗。これがチャン島。

(右側の暗所は、チャン島一の大通りである。夜は真っ暗となる。)
koh-chang-beerbar-2

小さなバービア群で、10軒ほどバービアが並んでいるが、どこも客がいない。せいぜいファランが一人か二人でだらだら飲んでいるだけ。

その中の一軒へ。ここも我々以外の客はゼロ。

こんな客足で大丈夫なのか、チャン島のバービアよ。

日本人でももちろん歓迎してくれる。
このバービアのママさんは、昔はパタヤで働いていて、ソイエキサイトの住人だったそうな。
おお、なんと身近な。

わたしが気になったのは、やはり目をつけていたバービア嬢。
やや色黒ながらスレンダーな体型で顔も整っている。
間違いなくイサーン出身だ。

横に呼んで、レディドリンク進呈。
レディドリンクが150バーツで、自分のビールが75バーツ。
うーん、パタヤよりもちょっと高いかな。

彼女は、20歳。チャン島へ来て1ヶ月くらい。
パタヤのバービアでも充分やっていける若さとルックスとスタイルである。
出身は、やはりイサーン。それもブリラム。
おお、ブリラムか。これは期待が持てる。

koh-chang-beerbar-1

ビリヤードしつつ、コミュニケーションをはかる。
ちょっと口数が少ない子だが、愛想はいい。

友人が在籍女性の数を確認してから、リンガベルしてさらに盛り上がる。

が、長時間運転で疲労がたまっているという友人は、さくっと切り上げたい様子だ。

長居はできないな。
こちらもさくっとペイバーを切り出す。
ママさんに各種料金を確認すると、バーファイン300、ロング1500だそうな。
パタヤと同じだな。むしろ、この若いバービア嬢がロング1500なら安いくらい。

バーファイン決定。
彼女も素直にロングでのペイバーに応じてくれた。

ホテルへ

友人の車に乗り込んで、みんな一緒にホテルまで。
しれっと手を繋いでくるあたり、プロフェッショナルな匂いを感じるが、別に悪くない。

明日一緒にビーチとプールで遊ぼうと約束する。
うん、これこれ。
南国の島で知り合った女性とそのまま一緒に日中も過ごす。これが南の島の正しい過ごし方だよ。
まあ、カネで買っているんだけど、それはそれ。
楽しければいいのである。

すっかり暗くなったホテルの中庭を通って部屋に戻る。

koh-chang-beerbar-6

雰囲気出るよね、この空間。

で、別々にシャワーを浴びてから、さっそくブンブンへ。
脱がせてもみて、スタイルいいよなあ。

koh-chang-beerbar-4

でも、サービスは今ひとつだった。
ブリラム出身ということで期待大だったのだが。

ことが終わると、彼女はベッドに潜り込み、さっさと寝てしまった。
あれま、けっこうな淡白なお人柄のようで。

koh-chang-beerbar-5

でもとにかく一人寝は回避できた。よしとする。
彼女の横にもぐりこんで、こちらも就寝。

チャン島初日はこうして終了。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

soi7-kebab

20歳スレンダーバービア嬢をペイパー。古き良きパタヤはまだ生きている。

パタヤ沈没日記31 パタヤ滞在残り日数はあとわずか。 この沈没日記もさらにスピードアップさせ

記事を読む

korat-yamo-6

コラートの観光って?クランプラザ新館、ヤーモー像、ターミナル21などなど

イサーン遠征編3 コラート2日目の朝。 シリホテルのレストランで朝食を取ってから、ホテル

記事を読む

pattaya-20161017-1walkingstreet

ウォーキングストリートのコヨーテと濡れた身体を温め合った夜

パタヤ沈没日記25 23歳ブリラム嬢からの直接営業を受けた次の日。 この日は、誰もペイバ

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビット沿いをうろうろ。 TER

記事を読む

nana-to-donmuang-airport-4

日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本へ戻る。 14時15分ドンム

記事を読む

pattaya-to-bangkok-10

パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。 その前に1泊だけバンコクへ立ち

記事を読む

prajanbaan-5

カオトムプラジャンバーンとガオライサイサームで連夜の宴会

パタヤ沈没日記13 バンコクから友人が来ると、決まって訪れるタイ料理レストランがある。

記事を読む

smkbus-pattaya-7

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

イサーン遠征編1 パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。 まずはコラートだ。

記事を読む

surin-to-pattaya-bus-16

スリンからパタヤへ帰還。第1次イサーン遠征終了。

イサーン遠征編10 スリンからどこへ行くか? スリンの夜。 次の行動先を考えていた。 元

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑