*

ハジャイ名物の燕巣を食べてみた。マレー料理とカオカームーも。


アジア周遊旅行24(ハジャイグルメ編)

ハジャイといえば、めくるめく華僑の街。
通りを歩けば、中国語の看板だらけだ。

ハジャイのフカヒレ屋 (1)

華僑たちの好物といば、フカヒレと燕巣。
ハジャイ中に、魚翅と燕巣の文字が踊っている。

ハジャイのフカヒレと燕巣 (2)

特にリーガーデンプラザホテル近くの繁華街は、右を見ても左を見ても、一大中華ワールド。

乾燥のフカヒレや燕巣まで大量に売っていて、なかなか興味深い。

ハジャイの燕巣屋

フカヒレの安物なら、神戸の南京町あたり食べたことはある。
高級品は、たぶん、手が出ない。

となると、燕巣だな。

一杯100バーツと書いてある屋台があったので、食べてみることにした。

SPONSOR LINK

ツバメの巣のスープ

こちらの屋台。

ハジャイのフカヒレと燕巣 (3)

まあ、ハジャイのあちこちにあります。どこも値段は一緒みたい。

小:100バーツ
大:200バーツ

どういう料理で出されるのか、まったく知らなかった。

ハジャイの燕巣屋台 (1)

できあがりは、タダのスープにしか見えない。

食べてみると、甘みととろみのあるスープだ。熱々の一歩手前くらいの温度。

とろみの部分が、たぶん燕の巣なのだろう。
でも、ほとんど溶けてしまっていて、食感はないに等しい。単なるゼラチン。
味もない。ただただスープの甘みがするだけ。

滋養強壮にいいと言われるが、これっぽちでは何の体の変化もなかった。
鰯の頭も信心からで、滋養にいいと思い込んで食べないとダメのかね。

うーむ。
この小鉢で100バーツかあ。

うーむ。
微妙に唸らされたハジャイの燕巣初体験であった。

まあ、この屋台は、どうやらスイーツ屋台っぽいんで、こういう甘いスープだったのかもしれない。
やはり、本格的に食べるなら、きちんとした中華レストランで食べたほうがいいかも。

カオカームー

ブタの豚足ご飯のことだ。

中国語では、猪脚飯。そのままでんな。
(猪=豚。もともと野生だった猪を家畜化したのが豚なので。)

これは、中国料理なのかタイ料理なのか、まあ中国由来のタイ料理ってことで。

ハジャイのカオカームー (1)

ハジャイで宿泊しているハジャイパレスホテル近くの食堂でオーダーした。

ハジャイのカオカームー (2)

おお、うまいね。

煮込み方が絶妙。
コラーゲンの部分はとろとろにしつつも、肉の部分はほどよい噛みごたえが残っている。

タレはかなりあっさりめ。
六角の匂いはそれほどきつくない。

パタヤで食べるカオカームーよりおいしい。
やはり、中華系料理は華僑の人間が多いところのほうがレベルが高いのか。

確か、50バーツ。

マレー式鶏の唐揚げ アヤム

タイにありながら、ハジャイは中華とマレーが入り混じった地域。

中華料理だけではなくて、マレー料理もある。

ハジャイのマレー唐揚げ (2)

タイでおなじみの鶏の唐揚げ屋台も、マレー風となっている。
マレー語で鶏肉のことは、AYAM(アヤム)という。

同じものを国境の町ダンノックで食べてみて、すごく気に入った。
ハジャイでも購入してみた。

大きなサイズの唐揚げが1個70バーツと、やや割高。

もう一度揚げ直してくれるので、熱々ホクホクだ。
揚げた後は、食べやすいよう3つくらいに切り分けてくれる。

ハジャイのマレー唐揚げ (3)

カオニャオ(もちごめ)が10バーツ。

カオニャオは、タイ式よりもあっさりしている。もちもち感は少なめ。
あと、揚げたニンニクチップを大量に添えてくれた。これもマレー式なのかな。

カオニャオとニンニクチップの相性が素晴らしいね。
そこに、独特の風味のあるアヤムが加わると、何とも言えない芳醇で刺激的な味わい。
付属のタレを付けると辛くなるけど、特にタレはいらないかも。衣に味がついているんで。

この組み合わせ、いいなあ。

合わせて80バーツと、ちょっと観光地価格のような気もするが、満足です。

ハジャイのグルメスポット屋台群

時間があまりなかったので、ハジャイでは、これくらいしか食べられなかった。
おいしそうな中華系の麺料理もあったが時間切れ。

中華料理、マレー料理、タイ料理と揃っているハジャイは、なかなかのグルメタウンかも。

タイの一般価格よりは、少し高めとなるけれど、リーガーデンプラザホテル周辺に屋台群がある。

夜のリーガーデンプラザホテル前
夜のリーガーデンプラザホテル

リーガーデンプラザホテル裏手
ハジャイの燕巣屋台 (2)

カオパットなんかの定番タイ料理も食べられる。

なぜか、スルメが目立っていた。

ハジャイのスルメイカ

中国人はスルメが好きなのかな。タイ人も日本人も好きだけど。

燕巣はもういいかな。
次回こそ、フカヒレだ。

SPONSOR LINK

関連記事

雨のアンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレス3日目は友人と合流してバーホッピングと屋台買い食い

アジア周遊旅行8(アンヘレス3日目) 地獄の一夜が明けた。 体調はやや回復したが、まだまだ本

記事を読む

クラビホテルプラナンフローラハウス

クラビ初日の夜は、レディボーイに追いかけ回される

アジア周遊旅行26(クラビ編1) ハジャイからクラビに到着したのはいいものの、長時間のロッ

記事を読む

マレーシアタイ国境イミグレーション (7)

ペナン島からタイ国境の街ダンノック(サダオ)へ。タイ入国イミグレーションは意外と厳しかった。

アジア周遊旅行19(タイ入国編) ペナン島で無事にタイ観光ビザを取得できた。 これで心置

記事を読む

ラノーンイミグレーション方面行き赤ソンテウ (2)

【ラノーンの夜遊び】ラノーンでソンテウに乗ったらミャンマー人カラオケ置屋ゾーンへ迷い込んだ

アジア周遊旅行35(ラノーン夜遊び編) ホテルで軽くシャワーを浴びてから外へ出てみると、すでに

記事を読む

ペナン島チキンライスカオマンガイ (2)

【ペナン島はB級グルメ天国】チキンライス(カオマンガイ)、カレーラーメン、エビラーメン、ワンタンメン、ぶっかけ飯などなど一気に紹介。

アジア周遊旅行16(ペナン島編) ペナン島には合計3泊滞在した。 朝はゲストハウスの

記事を読む

カオラックナントンビーチビアガーデン (1)

カオラックのナントンビーチってこんなところ。ジェルンホテル宿泊レポート。

アジア周遊旅行31(カオラック案内) クラビからのバスが到着したのは、カオラックのナントン

記事を読む

クラーク空港前タクシー乗り場  (3)

クラーク空港からアンヘレス市内へタクシー移動

アジア周遊旅行5 無事に香港からクラーク空港へ到着。 ATMで軽くフィリピンペソを引き出

記事を読む

ハジャイMPピンクレディ (1)

ハジャイの夜遊び風俗スポットを昼と夜に徘徊。ハジャイ夜遊び情報2016年最新版。

アジア周遊旅行23(ハジャイ夜遊び編) マレーシア野郎たちのパタヤとも言うべきダンノックをあと

記事を読む

ダンノックカフェーゴーゴーバー (2)

ダンノックは、マレーシア人のためのパタヤだった!ダンノック夜遊び情報2016年最新版。

アジア周遊旅行21(ダンノック夜遊び編) ダンノックの夜遊びスポットを捜索するぞ、と意気込んだ

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑