*

カラオケ嬢と仲直りの青缶とアオカン

沈没日記37

ママーとツナ缶

修羅場から一夜が明けた。

カラオケ嬢は、正午を過ぎても、まだ寝続けている。
ぬいぐるみをかたわらに大いびきである。
睡眠時間は快調に10時間を突破。

午後2時頃、ルームクリーンのおねえさんが部屋にやって来た。
昨日はカラオケ嬢が寝ているため、掃除を断った。
が、今日はやってもらおうか。

カラオケ嬢が寝ているわきで掃除してもらう。
さすがにもそもそと起きだすカラオケ嬢。

掃除が終わったところで、お約束の「ヒューカーオ!(腹減った)」

本日のリクエストは、定番のママー。
あと、「ツゥナー ツゥナー」と繰り返している。

ああ、ツナ缶のことね。了解。
いくつか種類かあるようでカラオケ嬢の希望はシィーファー。はいはい、青色の缶ね。

コンビニへ繰り出し、シーチキンを探す。
青缶を見つけたが、意外と高いね。大サイズで46バーツ。

タイのツナ缶

これでいいかと青缶を見せると、満面の笑みを浮かべるカラオケ嬢。
正解だったみたい。

タイのツナ缶中身

タイのツナ缶も、日本のシーチキンと大差ない。
ちょっと油が多いかもしれない。じくじくと溢れだしてくる。

カップラーメンとツナ缶は、不思議と相性がいい。
そういえば、昨晩無理やり別れのメールを送らされた30歳バービア嬢は、ママーとイワシ缶(プラーガポン)のセットが好きだったっけ。

30歳バービア嬢には少し悪いことをしてしまった。
あとで機会があれば、謝っておこう。

ママー

昼下がりに一緒に食べるママーとツナ缶。
あの大げんかが嘘のようなまったり感だ。

マッサージからブンブンへ

食後はマッサージを希望のカラオケ嬢。
ベッドにうつ伏せになり、肩と背中をマッサージするよう命じてきた。
相変わらず肩と背中のコリがひどいようだ。

昨晩の罪滅ぼしではないが、カラオケ嬢にマッサージをほどこす。

うーん、服が邪魔だな。
脱がせちゃえ。

上半身のシャツとブラを脱がせてから、さらにマッサージ。

ついでに下半身のほうも脱がせよう。
ええい、わたしも脱いじゃえ。

これでいい。

首、肩、背中、足のマッサージを終えてから、カラオケ嬢のポジションチェンジへ。
最初は抵抗していたが、無理やり、うつ伏せから仰向けへポジションチェンジさせる。

裸で向き合う二人。

ここに至り、ようやくベッドの上で裸の戦いが始まるのであった。

ベッドの上では、修羅場の大げんかではなくて、ブンブンすべし。
青缶食べたあとは、アオカンなのである。

いつもより感じている様子のカラオケ嬢。
ホイからは液体がみるみる間に溢れだしてきている。

濃厚な一発となった。

 

よくわからんが、これで仲直りできたのかなあ。

夕方、カラオケ嬢は帰っていった。
もちろん、お小遣い1000バーツ渡した。

たぶん、昨晩はビールとヤードーンとワインで変な酔い方をしていたのだろう。
たのむから、今日は酔っ払わないでくれよ。

(つづく)


関連記事

パタヤカンのバミーと唐揚げセット

深夜の修羅場。嫉妬に狂うカラオケ嬢が部屋を飛び出す。

沈没日記36 カラオケ嬢が帰ってから、しばらくPC作業。 いろいろ忙しくなってきた。 ブロ

記事を読む

スクリーンショット_060416_125129_AM

カラオケ嬢とまさかの復縁?お持ち帰りしてブンブン

沈没日記34 カラオケ嬢の近況 前々回のパタヤ沈没にローカル食堂で出会い、その後、半同棲生活を送

記事を読む

カオスKAOS

ブッカオ名無し食堂、ソイLKメトロのKAOS、バミーナム、そして最後はバービアで酔っ払うのがパタヤ沈没ライフ

パタヤ沈没日記18 ブッカオ名無し食堂のイエローカレー ブッカオ名無し食堂で昼食を取る。

記事を読む

ソイ7 (2)

女子大生とカンボジア人バービア嬢にふられて、ファランと一緒のカラオケ嬢に偶然出くわす

沈没日記39 カラオケ嬢からの連絡なし カラオケ嬢からの連絡はまだない。 以前の半同棲時期でも

記事を読む

ドンムアン空港喫煙所

帰国へ。パタヤ沈没生活終了と後書き。

沈没日記最終回 起床は午前6時、の予定だったが、さすがに睡眠時間3時間はちょっときつい。 う

記事を読む

ソイLKメトロ

またもやゴーゴーバーめぐり。でもバービアはニアップニアップ。

沈没日記15 昨晩、5月1日夜のこと。 夜7時からは、F1ロシアGPのため、LKメトロのスポ

記事を読む

pattaya

パタヤ&バンコクのタイ2ヶ月滞在の生活費や夜遊び代の総出費

そういえば、毎度恒例の沈没生活総出費報告をしていなかった。 まあ、いつもどおりです、はい。

記事を読む

バービア嬢1

3年ぶりに再会したバービア嬢が涙を流す

沈没日記23 テンションは上がらないが、バービアめぐりは続ける。 なかば惰性のような気もする

記事を読む

ウォーキングストリート2016年夜

すったもんだでウォーキングストリートのコヨーテ嬢が部屋に来る

沈没日記31 ウォーキングストリートでリビングドール1を冷やかしてからの話。 時刻はすでに深

記事を読む

マイクショッピングモール前 (4)

マイクショッピング前屋台村で友人たちと軽く飲んでから、MPハニー1見学

沈没日記32 これは禁酒日明けの話となる。 禁酒日前夜と当日の様子は、すでに書いた。

記事を読む

アドステア

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑