パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年8月~パタヤ沈没日記

コンビニ日本飯、屋台タイ飯、虫料理。テキーラと袖の下ペイバーの夜。

投稿日:

19日目

豚カツバーガーとおにぎり

ちょっとだけ日本食が恋しくなってきた。
ファミリーマートの新商品が少々気になる。

こんなものを購入してみた。

コンビニの豚カツバーガー (1)

PORK KATSU BURGER WITH CHEESE

ちゃんと日本語で豚カツバーガーと書いてある。

中はこうなっている。

コンビニの豚カツバーガー (2)

おいしそうには見えない。
食べてみると、ほぼ予想通りの味。

豚カツが揚げたてなら、それなりにおいしいんだろうなと思うけど、レンジでチンするだけでは、実に味気なし。

あと、ついでにおにぎりも食べてみた。
チャーシューポークおにぎりだそうな。

コンビニのおにぎり

おにぎりはご飯がべちゃべちゃで、具の味付けもやたらと濃い。
まずくはないですけど、だから何?といった具合。

合わせて65バーツくらいだった。
ま、気分転換にはなったかな。

今日の晩御飯はガパオプラームック

屋台でガパオプラームックを購入した。
イカ版のガパオライス。
豚の挽肉もいいけど、イカもいい。

屋台のガパオムラームック (1)

ここの屋台のイカは、イカを小さめに切っている。
きちんと切り込みが入れてある。
ガパオのタレがよく染みていて、味は良好。
うまいね。イカ大好き。

屋台のガパオムラームック (2)

カイダーオ(目玉焼き)もつけて、45バーツ。
やっぱり屋台メシだな。コストパフォーマンス高し。

虫喰う20歳のバービア嬢

10日ほど前にペイバーした20歳の新人バービア嬢。
里帰りしていたイサーンから戻ってからは、生理になりペイバー不可。さらに体調不良がつづき、ずっとペイバーできずにいる。
仕事はしているみたいなんで、ちょっと顔でも見に行ってみるか。

笑顔で迎えてくれた。
ペイバーできるか聞いてみると、まだマイサバイだから無理と言う。
そうか。
まだ連れ出すタイミングではないんで、別にかまわないけど。

レディドリンクをねだられる。
ごめんね、今日はレディドリンクはおごらないよ。
そのかわり、虫料理をおごってあげるから、それで許してね。

パタヤ旅行リピーターなら、これくらい見慣れているだろうけど、いちおう、閲覧注意で。

ザ・虫です。

 

 

 

 

 

虫料理屋台 (1)

虫料理屋台

バッタ(タカテン)と何かの昆虫。名前を聞いたけど、覚えられなかった。カナブンの仲間かな。
ちなみに、腹が膨れているやつは卵が入っているとか何とか。
うげっ。

バッタやイナゴは、まあ日本でも信州とかで食べられているし、実際に食べてみても、虫だと思わなければそれほど悪くはない。
でも、このカナブンみたいなのは、無理でしょ。しかも卵入り。

ぼりぼりとむさぼり食うバービア嬢。野性味あふれています。
ははは、昆虫食はタンパク源摂取には最適らしいんで、栄養補給にちょうどいいかもね。
でも、その口と接吻するのは、ちょっとね。

どっちみち、今夜はペイバーなしなんで、まあ、お好きなだけお食べください。

じゃあ、そろそろ、バイバイ。
ビール1本で退散。

袖の下ペイバー

別のバービアへ移動している最中に、大声でわたしの名前が呼ばれた。
ん、誰だ?

以前、バービアでよく一緒に飲んでいた30代前半らしきタイ女性だった。
働いている様子はないのに、バービアに出入りしては、毎晩飲んだくれている正体不明の女。でも美人。
いまだに正体は不明。かつては、バービアで働いていたみたいだけど。

彼女が飲んでいるバーにわたしも同席することにした。

しばらく見かけないなあと思っていたら、ドイツ人の彼氏に呼ばれてドイツで暮らしていたそうだ。
お相手は金持ちだな。どうりで働かずにすんでいるわけだ。
ビザが切れたから、一度タイに戻ってきたとか何とか。

そういえば、別の元バービア嬢はドイツ人と結婚予定。
結婚のための書類を取りにバンコクヘ行くと言っていた。
書類申請代が高いのよ、と嘆いていた。どうせ、カネはファランに払ってもらうんだろうに。

なんだか、わたしの出入りするバービア界隈でドイツ人が大人気だな。
質実剛健をモットーにするイメージのドイツ人だが、タイ女性の魅力にはころりとやられるようだ。

また会えて嬉しいわあ。テキーラ奢ってあげるから、飲みなさい

と、久々の再会を祝して、半ば強制的にテキーラを飲まされるはめになった。
カネの出どころはドイツ人だろうけど、ありがたくちょうだいする。

プロージット!

うへえ、テキーラ強烈。

しばらく世間話してから、チェックビン。
彼女にお願いされて、そのバービアで働いている友人のバービア嬢をペイバーしてあげた。
といっても、単に仕事を切り上げさせるためのペイバー。BF300バーツも、彼女からこっそり受け取った。
セルフペイバーやタイ人からのペイバーは、バービアのボスの心証が悪くなるんで、外国人の男の客がペイバーしてあげるのが一番いいらしい。(セルフペイバーだと、通常料金よりも高くなるバービアやゴーゴーバーもある。)
たまにあるよね、こういった袖の下ペイバーが。バービアの友人同士で遊びに行きたい時に、頼まれることが多い。パタヤ・ミュージック・フェスティバルを見に行きたいからって、毎日のように袖の下ペイバーさせられたことがあったなあ。

時刻はすでに深夜2時。
もう一軒はしごしようかと思ったが、存外にテキーラがまわってきた。
今日はこれくらいで切り上げよう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2015年8月~パタヤ沈没日記
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.