パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー

ソイブッカオの新ゴーゴー、SERENITY(セレニティ)訪問レポート

投稿日:

ソイブッカオ沿いにあるオアシスが改装して、セレニティとなった。
オープンしてまだ1週間ほど。
9月7日にグランドオープンパーティ開催予定。

Serenity(セレニティ)

セレニティ Serenity (3)

場所はソイチャイヤプーンとの交差点角。
LKメトロの外にあるが、実質的にLKメトロゴーゴー群の一角と考えていいと思う。

地図

元々は、Oasisという店名だったが、いつの間にかThe Clubに変わっていた。何か事情があるのだろうけど、表向きの名前はThe Clubでも実際にはOasisで通っていた。
そのオアシスが改築して、Serenity(セレニティ)としてオープンした次第。
ちなみに、Serenityとは、「静けさ」とか「平静」とかそんな意味。

旧オアシス

最後にオアシスに入店したのが、2019年6月のこと。
改築工事に入る少し前のことだ。
その時の様子をメモに書き留めてあったので、先に述べておく。

クラブオアシス

オアシスは夕方からオープンしている。
午後6時半頃に入店。
客はゼロ。
ハッピーアワーでドラフトビール65バーツ。

ダンサー4人、それが2チーム。合計8人。
基本はLKメトロ水準のラインナップだが、日本人好みの顔をした20代半ばのダンサーもいる。
うち一人は、昼間はスーパーマーケット勤務とのこと。
こういうアルバイト系ダンサーが混じっていることもあって、なかなか侮りがたい。

バーファインは、ショート500、ロング1000。
チップは聞いていないが、ショート1500、ロング2500から3000ってところかと。

セレニティ入店

さて、話を戻して、セレニティ。

セレニティ Serenity (1)

入り口にはセキュリティが二人がいて、専属のPRはいなようだ。暇なダンサーが座っているだけ。
ドラフトビールやプロモーションのボードは見当たらなかった。
平日午前1時頃に入店。

セレニティ Serenity (2)

瓶ビールが100バーツから。ハイネケンは120バーツ。
ドラフトビールはおそらく60バーツ。

店内の作りは大きくは変わっていない。
中央にステージ。
壁際にソファー席が並び、お立ち台を兼ねているテーブルが数台。

ステージや照明は綺麗になっているように見える。
エアコンの効き目は強烈。
直接風があたると風邪ひきそうだ。

中央ステージでダンサーが8人ほど踊っている。
さらに一つのお立ち台で2人。
1回のステージで10人。それが2交代なので、合計20人ほどだ。
ボードを確認してもやはり20人程度。
ボード上では一部歯抜けてになっており、3,4人はペイバーされているもよう。

ダンサーの衣装はみな共通。今風のコヨーテ姿だ。寸足らずタンクトップにホットパンツ。
特に面白みはゼロ。
オアシス時代に比べると、ダンサー数は倍以上になっている。
平均レベルは微妙に上がったかなあという程度。
相変わらずのLKメトロ水準。
ただ、一人だけ若くてスレンダーなダンサーがいた。

テキーラ売りの営業はなかった。
ごく普通に挨拶がてらの営業が来るだけ。
それほどしつこくはない。

全体的なノリはよし。
客はファランがメイン。
LKメトロ独特のやさぐれ感は健在。

ペイバー関連費用を営業に来たダンサーに聞いてみた。

バーファイン
ショート:500
ロング:1500

チップは、ショート2000、ロングは4000。ロングは女次第で3000だったり5000だったりと。

ショートのバーファインがオアシス時代のまま。安い。
ショートのお手当も交渉可能だろう。1500に下げてもらえれば、合計2000でおさまる。

総評

見た目は、昨今では当たり前のコヨーテメインのゴーゴーとなった。
でも、実質的に中身は変わっていない印象。
綺麗になったけれど、やさぐれ感や場末感は健在である。これはこれでうれしい。
ショートのバーファインが安いんで、さくっと遊ぶにはいいかもしれない。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2019年(8月16日更新)


-ゴーゴーバー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.