*

カノムチンと、部屋へ遊びに来たバービア嬢

41日目

昼飯はカノムチン

そうめんのような米麺をカノムチンという。カノムジンとも表記できるかな。
カノムはお菓子。チンは中国のこと。
中国菓子だけど、中国にカノムチンはない、らしい。

で、この麺をソムタムに入れたり、焼き魚と一緒に食べたりもする。
柔らかくてもちもちした食感で、けっこうおいしい。

でも、料理名としてのカノムチンは、こいつ。

カノムチン

カレーのようなスープに麺を入れて食べる。
具は、つみれ(ルークチン)や鶏肉など。
あとはお好みで野菜をたっぷりと。

カノムチンには、大きく二つのスープがある。
ナムヤーガティナムヤーパー
赤いのがガティ、黄色いのがパー。
(タイ人から耳で聞いただけなので、あまり自信なし。)

これはブッカオ市場にあるカノムチン屋。
カノムジン2

たまたま宿の近所にカノムチン屋台が通りかかったので、昼食とする。
赤いほうのナムヤーガティを選択。
辛子は入れないでとお願いしたけど、けっこう辛い。

カノムチン2

好きな野菜を入れて、ぐちゃぐちゃとかき混ぜる。
うーん、野菜の鮮度がいまいち。
モヤシを入れすぎた。

麺とスープだけのシンプルな形にすればよかった。
それじゃあカノムチンらしくないかもしれないけど。

このカノムチン、タイ人は小腹が空きた時によく食べている。
食事にもできるけど、まあ軽食のようなものかな。
やっぱりお菓子感覚なのだろう。

主に屋台で売られているけど、市場へ行けば必ずといっていいほど店が出ている。
これはブッカオ常設市場のカノムチン屋のカノムチン。

カノムジン1

関連記事:長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

ここのカノムチンはけっこう美味しかった覚えがある。
なお、2種類のスープはミックスもできる。

なお、カノムチンは一皿35バーツ前後。

バービア嬢が部屋に来る

カノムチンを食べていると、昨晩知り合った31歳バービア嬢から電話。
今から部屋へ遊びに来るとのこと。

すぐに合流を果たす。
31歳とのことだが、日中の明るい日差しの元で見ても、それほど肌荒れもしていないし、若々しい。
25歳くらいにしか見えない。

部屋に入ると、風呂場でちゃんと足を洗う。
汚れた足でベッドに上がる子が多いなか、これは高ポイントだ。

彼女の部屋は、月2500バーツの狭いアパートで二人暮らし。
もちろん、エアコン、ホットシャワー、冷蔵庫、テレビはない。
ベッドもマットレスのみ。
エアコンの効いた部屋でのんびりしにおいでと誘っていたのだ。
本当にやって来た。

で、本当にのんびり寝ていた。
エアコンをつけて、ぐーぐー寝入っている。

寝ている彼女に少し抱きついてみたけど、あんまり反応なし。

近々、田舎から友だちがパタヤへ出稼ぎにくるそうだ。
夜の仕事は未体験。
だから真っ先にその子を紹介したいという。
バーを通さないからバーファイン代はいらないとも。
写真を見せてくるけど、正直可愛くはない。
年齢も30歳オーバー。

いらないよ。
きみがいい。

と、甘い言葉を囁いてみたが、完全にスルーされた。

結局、2時間ほど寝ていって、「じゃあ帰るね」と、あっさり部屋を出て行った。
何しに来たんだ?

無理やり、襲えばよかったのかな。
まあ、焦ってもしょうがない。
ゆっくりやろう。

(夜の部へ続く)


関連記事

ブリスラウンジ

ブリスラウンジ見学。彼氏がいると正直に告白するバービア嬢。

44日目 昼過ぎ、当ブログの読者さんと待ち合わせ。 軽くお茶をしながら、お互いの夜遊び話に華

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

カツカレー屋台

パタヤ、幻の日本式カツカレー屋台を探せ。バービアで大暴れするアラブ人。

カツカレー屋台よ、いずこへ? 昨日、ソイブッカオでたまたま見つけた日本式カツカレー屋台が気になって

記事を読む

ブッカオ2階建てバービア

パタヤ初日の夜はひたすらバービア飲み歩き

(初日昼の部からのつづき) まず食事。 ブッカオの南側にある屋台でバミーナム。

記事を読む

NETARESORT

パタヤ昼散歩。ソイ15からベイウォーク、ソイポストオフィスまで。

昼間。 昼飯を求めて、ブッカオをぶらぶら。 そのまま、ふらふらとセカンドロードのソイ15に入って

記事を読む

パタヤ看板

2015年1月~3月パタヤ50日夜遊び生活終了。滞在費と夜遊び代のまとめ。

ほぼ2ヶ月、正確には50泊51日にわたるパタヤ夜遊び沈没生活が終了した。 毎度恒例となりつつあ

記事を読む

バービア嬢

久々のペイバーでようやく当たりを引く

15日目 本日の昼飯 面倒になりコンビニ弁当で済ます。 オムレツ付き豚のレッドカレー炒

記事を読む

マンダリン

深夜のゴーゴーバー放浪。TIM BAR、スパイシーガールズ、マンダリン。

(18日目つづき) バービアでのビリヤード大会を終えて、お開き。 各々、別行動へ。 わ

記事を読む

ガパオプラームック

イカとステーキとビールと美人。でも愛想の悪いバービア嬢にレディドリンクは奢りたくないよね。

31日目 ガパオプラームック 昼飯は、炒めもの料理屋台からお持ち帰り。 ガパオはガパオでも、た

記事を読む

エアポートクラブ

久しぶりに入ったエアポートクラブは、馬鹿騒ぎ健在でやっぱり楽しかった。

(夜の部つづき) ウォーキングストリート 夜、再合流して3人でウォーキングストリートへ。

記事を読む

アドステア

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑