*

パタヤでアパート暮らしをしていると、夜の嬢が勝手に部屋に来るようになる

バービア嬢N

徐々にパタヤ滞在が長くなるにつれ、夜の生活も少しずつ様変わりしていくことになる。

元々、毎日ペイバーするほどの金銭的かつ体力的余裕はなかった。
ほどほどに遊んでいればいいやと思っていた。
だからペイバーも週に1回か2回程度。
でも、アパートに長期滞在するようになると、そのペイバーなんて行為をしなくなってくるのだ。

いや、夜の営みに飽きたわけじゃない。
ペイバーせずとも、女性のほうから勝手に部屋にやって来るようになるだけの話。

女性との出会いは、もちろんバーにおいてだ。
気に入った相手がいれば、最初は普通にペイバーする。
それで、一度連れ出してから仲良くなると、もうペイバーはしない。
むこうから勝手に部屋に来るようになる。

仕事終わりの深夜に電話がかかってきて、今から部屋へ行くと言われるケースが多い。
ゴーゴーバーまで迎えに来てくれと言われることもあった。

もしくは、こちらから仕事終わりで部屋へ来てねとお願いすることもある。

出勤前に部屋へ遊びに来るバービア嬢やコヨーテ嬢もいた。
わたしの部屋で仕事用のドレスに着替えて、お化粧を整え、出勤していくバービア嬢を見送るなんてこともしばしば。

バービア嬢

仕事がんばれよ~。いい客、見つけるんだぞ」と送り出す。

でも、結局、深夜に電話がかかってきて、
客いなかった。今から部屋へ行く
と、わたしの部屋へ戻ってくることなんてことも。

そう言えば、ショート帰りのバービア嬢が部屋に泊まりに来ることもあったなあ。
せっかくの客なんだから、ロングで相手してやれよ。

そんな感じで、決して毎日というわけじゃないけど、とっかえひっかえ、女性が遊びに来る。
特にローシーズンは、観光客が少なく、長期滞在者にとっては天国のような環境。
ひたすら暑く、雨が多いことをのぞけば、だけど。

短期滞在を繰り返していたころでも、何度か夜の女性がホテルに遊びに来ることはあった。
バービア嬢がホテルにやって来て、一発やっただけでカネも取らずに帰っていったこともある。
が、女性の仕事が終わるのが深夜2時とか3時。
正直、そんな時間まで待っていられない。
時間が何より大事な短期滞在、ペイバー代がかかってもいいから、さっさと連れ出してしまいたい。

その点、長期滞在者は、深夜であろうとのんびり構えていられる。
別に今日がハズレでも、明日もあさってもあると思えば、焦る必要がない。
それよりもペイバー代を節約できるほうがありがたい。

 

同時期に複数の相手を抱えていることがあって、バッティングしないようにするのが面倒だったりもする。

いやあ、パタヤのアパート暮らし最高。

コヨーテ嬢

パタヤだけじゃなくて、バンコクでも似たようなものだろう。
これがタイに長期滞在する利点。

ほんと、女性が簡単に部屋へ来てくれる。

もちろん、わたしが相手をしていたのは基本的にプロの女性。
泊まっていくだけならノーチップ。
でも、とりあえず一発でもやれば、タクシー代やサロン代とかいう名目でお小遣いはあげていた。
ショートなら500、ロングなら1000バーツくらい。
バーファインもかからず、安上がりの遊び方だった。
食事はおごってあげたり、おごられたり、いろいろだった。

お互いに、ある程度わりきって付き合うのがベターかな。
あまり深入りしすぎて、特定の女性と付き合うと、せっかくのパタヤでの自由がなくなるし。
でも、単なる肉体上だけの関係ではなく、ある程度心の交流も持ちたいところ。

このあたりは人それぞれの楽しみ方だと思う。
年金暮らしのファランなんかは、長期契約を結んで、一人の女性と暮らしている人も多いしね。
わたしの隣人のオーストラリア人のおじいちゃんファランもそうだった。

わたしは、飽き性なもので、複数の女性を確保しておいて取っ替え引っ替えが好きだった。
まあ、すべては流れのまま、てきとうに遊んでいた。
アパートへ遊びに来たいと言ってくれるんだから、無碍に断ることもなかろうと。

うーん、今思い返せば、かなり贅沢な時間だったなあ。
現在は1ヶ月ほどのパタヤ滞在がせいぜい。それでも短期滞在に比べれば長いほうだけど、あの頃は数ヶ月連続してそんな生活をしていた。
特にアパート暮らしは女性側へのアピール度が強いのか、ほんと、ひょいひょいと遊びに来ていた。

また、いつかアパート暮らしをしてみたい。


関連記事

パタヤビーチ

ハリウッド出身のファランにとってパタヤは天国か地獄か

同じ宿に長期滞在しているファランがいる。まあ、安宿なんで、そんな沈没系ファランばかりなのだが、ベラン

記事を読む

コインランドリー

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。 その実態を少し紹介してみよう。 起床。朝飯。洗濯。昼飯

記事を読む

コヨーテ嬢1

今でも忘れられないコヨーテ嬢

アパートに長期滞在している頃に、とても仲良くなった女性は何人もいた。 その中でも、強く印象

記事を読む

ソイダイアナバービア群

金儲けは二の次さ。趣味と暇つぶしで働くバービア嬢たち。

パタヤには無数のバービアがある。 大げさではなくて、本当に数えきれないほどだ。 営業届け

記事を読む

gay-pride

ゲイの知り合いがパタヤへやって来た

少し前の話。 知り合いがパタヤへ遊びに来た。 この人は、もう定年をすぎて悠々自適の生活を

記事を読む

pattaya-investigation

パタヤのバーガールの浮気を調査せよ

タイの日本人浮気調査 前回の記事で、タイの私立探偵についての本を取り上げた。 これはバンコクで探

記事を読む

ソイブッカオ標識

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。 どこ

記事を読む

ロイクラトーン

パタヤのロイクラトーンとゴーゴー嬢の思い出

タイの二大祭りといえば、ソンクラーンとロイクラトーン。 ソンクラーンが4月で、ロイクラ

記事を読む

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (2)

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

先日、パタヤヒル(プラタムナック)地区を散策した時のこと。 日中だけ入ることができる公園がある

記事を読む

ウォーキングストリート

おそるべきタイ有引力の法則。タイ中毒者のための処方箋はあるのか?

ゴールデンウィークもそろそろ終了。 期間中にタイで遊ばれた方もすでに帰国している頃でしょうか。

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑