*

パタヤでアパート暮らしをしていると、夜の嬢が勝手に部屋に来るようになる

バービア嬢N

徐々にパタヤ滞在が長くなるにつれ、夜の生活も少しずつ様変わりしていくことになる。

元々、毎日ペイバーするほどの金銭的かつ体力的余裕はなかった。
ほどほどに遊んでいればいいやと思っていた。
だからペイバーも週に1回か2回程度。
でも、アパートに長期滞在するようになると、そのペイバーなんて行為をしなくなってくるのだ。

いや、夜の営みに飽きたわけじゃない。
ペイバーせずとも、女性のほうから勝手に部屋にやって来るようになるだけの話。

女性との出会いは、もちろんバーにおいてだ。
気に入った相手がいれば、最初は普通にペイバーする。
それで、一度連れ出してから仲良くなると、もうペイバーはしない。
むこうから勝手に部屋に来るようになる。

仕事終わりの深夜に電話がかかってきて、今から部屋へ行くと言われるケースが多い。
ゴーゴーバーまで迎えに来てくれと言われることもあった。

もしくは、こちらから仕事終わりで部屋へ来てねとお願いすることもある。

出勤前に部屋へ遊びに来るバービア嬢やコヨーテ嬢もいた。
わたしの部屋で仕事用のドレスに着替えて、お化粧を整え、出勤していくバービア嬢を見送るなんてこともしばしば。

バービア嬢

仕事がんばれよ~。いい客、見つけるんだぞ」と送り出す。

でも、結局、深夜に電話がかかってきて、
客いなかった。今から部屋へ行く
と、わたしの部屋へ戻ってくることなんてことも。

そう言えば、ショート帰りのバービア嬢が部屋に泊まりに来ることもあったなあ。
せっかくの客なんだから、ロングで相手してやれよ。

そんな感じで、決して毎日というわけじゃないけど、とっかえひっかえ、女性が遊びに来る。
特にローシーズンは、観光客が少なく、長期滞在者にとっては天国のような環境。
ひたすら暑く、雨が多いことをのぞけば、だけど。

短期滞在を繰り返していたころでも、何度か夜の女性がホテルに遊びに来ることはあった。
バービア嬢がホテルにやって来て、一発やっただけでカネも取らずに帰っていったこともある。
が、女性の仕事が終わるのが深夜2時とか3時。
正直、そんな時間まで待っていられない。
時間が何より大事な短期滞在、ペイバー代がかかってもいいから、さっさと連れ出してしまいたい。

その点、長期滞在者は、深夜であろうとのんびり構えていられる。
別に今日がハズレでも、明日もあさってもあると思えば、焦る必要がない。
それよりもペイバー代を節約できるほうがありがたい。

 

同時期に複数の相手を抱えていることがあって、バッティングしないようにするのが面倒だったりもする。

いやあ、パタヤのアパート暮らし最高。

コヨーテ嬢

パタヤだけじゃなくて、バンコクでも似たようなものだろう。
これがタイに長期滞在する利点。

ほんと、女性が簡単に部屋へ来てくれる。

もちろん、わたしが相手をしていたのは基本的にプロの女性。
泊まっていくだけならノーチップ。
でも、とりあえず一発でもやれば、タクシー代やサロン代とかいう名目でお小遣いはあげていた。
ショートなら500、ロングなら1000バーツくらい。
バーファインもかからず、安上がりの遊び方だった。
食事はおごってあげたり、おごられたり、いろいろだった。

お互いに、ある程度わりきって付き合うのがベターかな。
あまり深入りしすぎて、特定の女性と付き合うと、せっかくのパタヤでの自由がなくなるし。
でも、単なる肉体上だけの関係ではなく、ある程度心の交流も持ちたいところ。

このあたりは人それぞれの楽しみ方だと思う。
年金暮らしのファランなんかは、長期契約を結んで、一人の女性と暮らしている人も多いしね。
わたしの隣人のオーストラリア人のおじいちゃんファランもそうだった。

わたしは、飽き性なもので、複数の女性を確保しておいて取っ替え引っ替えが好きだった。
まあ、すべては流れのまま、てきとうに遊んでいた。
アパートへ遊びに来たいと言ってくれるんだから、無碍に断ることもなかろうと。

うーん、今思い返せば、かなり贅沢な時間だったなあ。
現在は1ヶ月ほどのパタヤ滞在がせいぜい。それでも短期滞在に比べれば長いほうだけど、あの頃は数ヶ月連続してそんな生活をしていた。
特にアパート暮らしは女性側へのアピール度が強いのか、ほんと、ひょいひょいと遊びに来ていた。

また、いつかアパート暮らしをしてみたい。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

カマグラ

カマグラ ミーマイ?パタヤの夜の強い味方

パタヤの薬局にて 今年2月頃、友人とパタヤ滞在中の話。 どうしても夜のお薬が欲しいという

記事を読む

バービア嬢2

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。

記事を読む

スクリーンショット_050916_020340_PM

「世界一周ホモのたび by 熊田プウ助・ サムソン高橋」がおもしろい

バックパッカー系海外旅行ブログやツイッターで話題になっている本がある。 タイトルがいい

記事を読む

ウドンタニーバービア嬢G3

現役女子大生バービア嬢がパッツン姿でホテルから登校するウドンターニー

これは、2013年にビエンチャンへビザランを行った際に立ち寄ったウドンタニーでのお話。

記事を読む

flag

空港閉鎖の副産物。あなたの職場にもタイ好きがいるかも

スワンナプーム閉鎖で、職場復帰が一週間ほど遅れた。 そのことが職場中に知れ渡っていた。

記事を読む

Gダイアリー

Gダイアリー最新号発売。今月号から日本国内は電子版のみの発行。

毎度おなじみ、紳士の雑誌「G-Diary」が発売になった。 が、以前から周知されていた

記事を読む

81Yo5JtUXeL._UL1500_

タイ・パタヤ夜遊びで持ち歩くものは?カバンとポケットと財布の中身

先日バービアで飲んでいた時のこと。 すぐ近くの席に日本人が来店。 おもむろにかばんから取

記事を読む

東南アジア周遊ルート地図

夜遊び的東南アジア大周遊旅行を考える

ほぼ、前回の続きのような内容。 下川裕治の「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」に触発されたわた

記事を読む

ザ・シー閉店

THE SEA(ザ・シー)閉店で思うこと

ダイアモンドアーケード内を歩いていると、電気の消えている店があった。 ザ・シー(THE

記事を読む

アドステア

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑