パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

パタヤ・ホアヒン間フェリー就航開始。バリハイ埠頭のチケット売り場と時刻表。

投稿日:


ついに運用を開始したパタヤとホアヒンを結ぶフェリー路線。

2017年1月1日の初日は、高波のためラン島周辺をぐるっと遊覧するだけで終わった。
後日、無事にパタヤからホアヒンまでたどり着くができたようだ。

ちょっと気になったので、パタヤ側の出港地であるバリハイ埠頭の様子を見てきた。

SPONSOR LINK



バリハイ埠頭のフェリーチケット売り場

Pattaya balihai pier (5)

ここ一週間ほど雨模様だったパタヤも、ようやく天気が回復して、空も海も青いバリハイ埠頭である。
気持ちがいい。

地図

フェリーチケット売り場は、新しくできた駐車場の2階にある。

Pattaya balihai pier (6)

Pattaya balihai pier (1)

建物横のスロープを登って2階へ。

Pattaya balihai pier (2)

中に入って、奥にカウンターあり。

Pattaya balihai pier (4)

チケットはここで購入するようだ。(後述するように、1月は無料だけど。)

2017年1月の時刻表

Pattaya balihai pier (3)

1月13日~17日
パタヤ発午前10時半、ホアヒン着午後12時半
ホアヒン発午後1時半、パタヤ着午後3時半

1月18日~19日
メンテナンスのため運休

1月20日~31日
パタヤ発午前10時半、ホアヒン着午後12時半
ホアヒン発午後1時半、パタヤ着午後3時半

シートの予約は、午前8時から午前10時まで。

注意書きを要約すれば、「明日の天気は知らん。スケジュール通りに運行できるかはわからん。出港直前の埠頭に来てね」となる。

なお、当初1月15日まで乗船料無料となっていたが、1月31日まで無料期間が延長されている。
2月1日以降は、一人1250バーツとのこと。

まったく予定の立てづらいフェリー路線ではあるが、暇を持て余していて、高波にも耐えうる体力のある人は、ぜひとも乗船していただきたい。

わたしが訪れた時刻は午後1時半。

Pattaya balihai pier (7)

残念ながら、バリハイ埠頭にそれらしいフェリーは停泊していなかった。

運行しているのは、Royal Passenger Linerという会社。
FACEBOOK上に公式ページあり。
ただし、現在のところ、タイ語版のみ。実際のフェリー動画もアップされているんで、のぞいてみほてしい。

https://www.facebook.com/RoyalPassengerLiner/

英語でさらに詳しい情報をお求めの際は、直接チケット売り場を訪問するか、Royal Passenger Linerへ電話してください。
Royal Passenger Liner電話番号:038-488-999

SPONSOR LINK

-プチ情報・便利帳

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.