*

Agodaのポイントマックス利用で宿泊すれば航空会社マイレージが貯まる。最大1万マイル。エアアジアでもオッケー。

公開日: : プチ情報・便利帳


いつの間にか、Agodaがポイントマックスという新しいサービスを始めている。

これは、Agodaでホテル予約して、実際に宿泊してチェックアウトまで済ませれば、後日、登録したマイレージプログラムにマイルが加算されるというシステム。

まずは、以下のAgodaポイントマックス専用ページで、システムを確認してください。

Agodaポイントマックス

参加マイレージプログラム一覧がこちら
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_113542_pm

日系のJALとANAは取り扱い無し。
ユナイテッド航空、タイ国際航空、エアアジア、デルタ航空、シンガポール航空あたりが使えそう。

SPONSOR LINK

ポイントマックスの使い方

どの予約画面からでも使えるようだ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_114734_pm

サイト右上のポイントマックスをクリックして、自分が貯めたいマイレージサービスを選択する。
(解除も可能)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_114848_pm

ユナイテッド航空のマイレージプラス

ためしに、マイレージは、ユナイテッドのマイレージサービスであるMilege Plusを選択。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111516_012239_am

最大1万マイル獲得できるそうな。
おそらく、Agodanoポイントマックス経由で獲得できるマイルの上限が1万マイルなのだろう。

パタヤのホテルを見てみよう。
アレカロッジに1泊。

アレカロッジ

日付を入れて、宿泊料金をチェック。

予約条件によって、貯まるマイレージ数が異なる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_105633_pm

上段は、44マイル。下段は200マイル
差額は、665円。獲得できるマイルの差は、156マイル。
665円で156マイルを余計に買うことができる。1マイル=4.26円は破格値。
(実際は、ここから税金がかかるが)

かりに7泊するとなれば、以下の通り
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_115102_pm
1550マイルゲット。なかなかのものですな。

ポイントマックス無しで同ホテル同日程の料金を見てみる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_110027_pm

マイルを多く獲得できるプランがなくなっているが、元々の料金は同じだ。
宿泊料金が同じなら、マイレージを貯めないと損ですな。

エアアジアのBIGポイント

LCCのエアアジアは、BIGという独自のポイントシステムを採用している。
普通は、搭乗ごとにポイントが貯まるようになってみる。

このBIGポイントも、アゴダのポイントマックスで加算可能。

アレカロッジを同じ条件で見てみよう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_111028_pm

こちらは、追加料金を払う宿泊プランだけが適用となり、1泊あたり950ポイント貯まるようだ。
レガシーキャリアなんて関係ないよ、おれはLCC専用だという人は、こちらでどうぞ。

エアアジアのBIGポイントを貯めれば、航空券購入に充てることができる。
レガシーキャリアのマイレージプログラムとは違い、その時々の料金によって、ポイント必要数が異なるシステム。

たとえば、関空からバンコクまでは、うまくプロモーション価格があれば、こんな感じ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_111150_pm

片道、25,000ポイント。
まあ、なかなか貯まるものじゃありませんな。アレカロッジに26泊しないとダメ。

国内線は、かなり安い。

バンコクからウドンターニー
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_111937_pm
あくまでプロモーション価格だが、2710ポイントで飛べる。
Agodaのポイントマックス経由でアレカロッジに3泊すれば、ただでウドンターニーへ行けることになる。
もちろん、安い宿泊条件に比べて、1泊600円高いわけで、実際は1800円かかっているのだけど。

ポイントマックスのマイレージ獲得

予約を進めていくと、決済画面に、マイレージ番号を打ち込む箇所があるので、間違えないように入力する。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111416_114447_pm

これで決済すれば、マイレージ獲得となる。

Agoda予約の宿泊者の名前と、マイレージサービスの名前が同一でないと、適用できないようだ。
また、実際にマイレージが付与されるのは、チェックアウトから6週間から8週間後となる。
他のポイントへの適用不可とのこと。つまり、Myポイント(リワードポイント)は貯まらないことになる(要確認)。

以下のページから詳しい利用規約を確認した上で、予約しましょう。

Agodaポイントマックス

Agodaのリワードポイントは、実際に使用できるまではかなりの額の予約をしないといけないし、利用期限があり失効する恐れがある。
ユナイテッドのマイレージプラスは、実質的に無期限なので、マイレージで貯めたほうが得なケースがあるだろう。
お好みに合わせて使い分けてください。

SPONSOR LINK

関連記事

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

AIS

AIS 1-2 Callのデータ通信パッケージプランはどれがお得か?一ヶ月用と一週間用を比較してみた。

タイでの滞在が長くなると、外出先でもLINEやフェイスブックを使う機会が増えてくる。 現地タイ

記事を読む

ノートパソコン

次回のパタヤ沈没に向けて購入したものとソンクラーン対策

新たなるパタヤ沈没に向けて、日本にいる間にいろいろと買い物しておくことにした。 ノートパソコン

記事を読む

ベッドタイムパタヤホテル (2)

パタヤカンにある新築ホテル、BED TIME PATTAYA(ベッドタイム)

ベッドタイムパタヤホテル 場所は、パタヤカン・ソイ16。 パタヤカン沿いの屋台村

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

マカオ航空 (2)

マカオ航空のバンコク行き航空券が意外と安い件。ストップオーバーでマカオ・バンコク周遊可能。

先の記事で、ピーチ航空と香港エクスプレス航空とエアアジアのLCCを利用した周遊旅行を紹介した。

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

ミレーのバックパック

わたしの旅行かばん遍歴と、機内持ち込みバッグのすすめ

海外旅行へ出かける時に欠かせないのが旅行かばん。 大きなスーツケースで優雅に出かける人もいれば

記事を読む

Image

V AIRで台北経由タイ(バンコクとチェンマイ)へ。今日からプロモーション開始で7200円?

台湾のLCC航空会社のV airをご存知だろうか。 くまさんのキャラクターが売りだ。

記事を読む

Centra Avenue Hotel Pattaya (5)

ソイダイアナ・ブッカオ近くの新築ホテル Centra Avenue Hotel Pattaya

Centra Avenue Hotel Pattaya セントラ・アヴェニュー・ホテル・パタヤ

記事を読む

アドステア

アドステア

PAGE TOP ↑