*

【悲報】ウォーキングストリートソイ15の屋台群が撤去される。あのカオマンガイ屋はいずこへ?

公開日: : グルメレポート


ウォーキングストリートのソイ15は、物価の高いエリアにあって格安で提供してくれる屋台がいくつも並んでいた。
ウォーキングストリートで働く人たちにとっても欠かせない存在だ。

ウォーキングストリートソイ15

一番有名なのは、カオマンガイ屋だろう。

通称ビーチクラブ前カオマンガイ屋、あらためスパイスクラブ前カオマンガイ屋。
たしかにうまい。

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

walkingstreet-soi15-food-1

10月13日にウォーキングストリートを訪れた際にも食べている。
相変わらずボリューム満点でうまかった。

SPONSOR LINK

ソイ15屋台撤去

が、17日に訪れてみると、屋台がすべてなくなっていた。
もちろんカオマンガイ屋もない。

walkingstreet-soi15-food-2

あれ?
喪に服して全部休みなのかな。

近くにいたオーバーマインドの呼び込みに聞いてみると、もうやっていないよと言われた。

以前からニュースサイトでは撤去されるのではという報道があったものの、たぶん大丈夫だろうと思っていたのだが。

念のため、昨晩19日にもう一度確認に訪れた。

walkingstreet-soi15-food-3

やはり、ない。
完全にない。

walkingstreet-soi15-food-5

壁には、大きな中華鍋が寂しく残されているだけ。
使っていないプラ容器もかけられている。
よほど大慌てで移動したのだろうか。

なお、スパイスクラブ横のNANA食堂の店先に出されていたテーブルもすべてなくなっている。

walkingstreet-soi15-food-4

たしかに、この撤去でソイ15は歩きやすくなった。
それはいいけれど、長年愛されてきた屋台を撤去することもなかろうに。

撤去された屋台はどこへ行ったのか?

ぶっかけ飯屋なんかは別にどうでもいいが、あのカオマンガイ屋の行方は気になる。

ウォーキングストリート周辺の裏道を捜索してみたが、見つけることはできなかった。
まあ、たぶん、どこか離れた別の場所で営業していることでしょう。
見つけ次第、報告します。

なお、ウォーキングストリート近くのさらに安い屋台群は健在。
場所は、マリーンシーフードの裏手だ。

ウォーキングストリートで安く食事が取れる屋台やレストランは?ぶっかけ食堂からマリーンシーフードまで

walkingstreet-soi15-food-6

ちょっと店舗数は減ったけど、クイティアオやぶっかけ飯やタムサン(注文どおりに料理する)屋台は健在。
逆にアラブ人バービア群前の屋台は少し増えていた。

walkingstreet-soi15-food-7

ウォーキングストリートで安いローカル飯をお探しの場合は、マリーン周辺へどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

ウドンターニーのラーメン屋台 (1)

ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

ウドンでうどんは以前ご紹介した。 今回はウドンでラーメンである。 それも、タイスタイルのラー

記事を読む

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。 これはタイでもカンボジアでもフィリピ

記事を読む

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、

記事を読む

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ

セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

ビーチロードのソイ8にあるセイラーバー(Sailor Bar)は、格安でステーキが食べられるレス

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

ハーバーパタヤフードコートの冷やし中華

冷やし中華はじめました@ハーバーパタヤ。でも食べたのはチキンカレーライス。

別に何でもいいが、日本の夏の風物詩といえば、海開き、高校野球、TUBE、冷やし中華である。

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑