パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど) グルメレポート

【悲報】ウォーキングストリートソイ15の屋台群が撤去される。あのカオマンガイ屋はいずこへ?

投稿日:2016年10月20日 更新日:


ウォーキングストリートのソイ15は、物価の高いエリアにあって格安で提供してくれる屋台がいくつも並んでいた。
ウォーキングストリートで働く人たちにとっても欠かせない存在だ。

ウォーキングストリートソイ15

一番有名なのは、カオマンガイ屋だろう。

通称ビーチクラブ前カオマンガイ屋、あらためスパイスクラブ前カオマンガイ屋。
たしかにうまい。

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

walkingstreet-soi15-food-1

10月13日にウォーキングストリートを訪れた際にも食べている。
相変わらずボリューム満点でうまかった。

SPONSOR LINK



ソイ15屋台撤去

が、17日に訪れてみると、屋台がすべてなくなっていた。
もちろんカオマンガイ屋もない。

walkingstreet-soi15-food-2

あれ?
喪に服して全部休みなのかな。

近くにいたオーバーマインドの呼び込みに聞いてみると、もうやっていないよと言われた。

以前からニュースサイトでは撤去されるのではという報道があったものの、たぶん大丈夫だろうと思っていたのだが。

念のため、昨晩19日にもう一度確認に訪れた。

walkingstreet-soi15-food-3

やはり、ない。
完全にない。

walkingstreet-soi15-food-5

壁には、大きな中華鍋が寂しく残されているだけ。
使っていないプラ容器もかけられている。
よほど大慌てで移動したのだろうか。

なお、スパイスクラブ横のNANA食堂の店先に出されていたテーブルもすべてなくなっている。

walkingstreet-soi15-food-4

たしかに、この撤去でソイ15は歩きやすくなった。
それはいいけれど、長年愛されてきた屋台を撤去することもなかろうに。

撤去された屋台はどこへ行ったのか?

ぶっかけ飯屋なんかは別にどうでもいいが、あのカオマンガイ屋の行方は気になる。

ウォーキングストリート周辺の裏道を捜索してみたが、見つけることはできなかった。
まあ、たぶん、どこか離れた別の場所で営業していることでしょう。
見つけ次第、報告します。

なお、ウォーキングストリート近くのさらに安い屋台群は健在。
場所は、マリーンシーフードの裏手だ。

ウォーキングストリートで安く食事が取れる屋台やレストランは?ぶっかけ食堂からマリーンシーフードまで

walkingstreet-soi15-food-6

ちょっと店舗数は減ったけど、クイティアオやぶっかけ飯やタムサン(注文どおりに料理する)屋台は健在。
逆にアラブ人バービア群前の屋台は少し増えていた。

walkingstreet-soi15-food-7

ウォーキングストリートで安いローカル飯をお探しの場合は、マリーン周辺へどうぞ。

SPONSOR LINK

-ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど), グルメレポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.