*

カオラックからラノーンへバス移動


アジア周遊旅行33(ラノーンへ)

カオラックで健全な夜を過ごしてから翌朝のこと。

恒例の次なる目的地決めである。
タイに入ってからは、完全に行き当たりばったり旅だ。

半島を東へ進んでスラータニーに行くか、そのまま北上してラノーンに行くかの2択だった。
スラータニーで1泊して、それからサムイ島へ渡るルートも考えたが、サムイ島は過去に訪問済み。
サムイ島は有名な観光地だし、カネもかかりそうだ。
ここは、もうちょっとローカルな町に行ってみよう。

そんなわけで、次の目的地はラノーンに決定。

SPONSOR LINK

カオラックからラノーンへの行き方

カオラックで宿泊している「JERUN HOTEL」のフロントでラノーンへの行き方を聞いてみた。

目の前の国道でバスをつかまえるのが一番いいとのこと。
1時間に1本のわりあいで運行されているという。

経費節約のためにも、ローカルバスを利用。

カオラック・ナントンビーチのローカルバス乗り場

地図上でバス停を示しておく。

地図

横断歩道の目の前がバス停となっている。

カオラックのバス乗り場 (1)

特にバス停の表記はないけれど、確かにここ。

カオラックのバス乗り場 (2)

で、プーケット発北部方面行きのバスを止めればいいわけだが、こいつが曲者。

国道沿いを大型バスが猛スピードで走行していて、気づいた時には通過してしまうのだ。
バス停だからといって、スピードを緩めてくれない。
しかも、バス停付近にはソンテウ(タクシー)が何台も停車していて、視界が悪い。

よって、大型バスが遠くに見えたら、あわてて車道に出て、大きく手を振ってバスを停車させる必要がある。

わたしは、これができずに、最初のラノーン行きバスをやり過ごしてしまった。
このラノーン行きバスには、「プーケット~ラノーン」と書いてあったのだが。

30分後。今度は、スラータニー行きのバスがやって来たが、これはラノーンを経由しなのがわかっていたのでスルー。
(バスには、SURATと略して記載されている)

カオラック経由プーケット発バス

その次にやって来たのが、プーケット発チュンポン行きバスだった。
これもラノーンを経由しないはずだからと、スルー。

さらに1時間後にまたチュンポン行きバスがやって来た。

おかしいな。なかなかラノーン行きがやって来ないぞ。

とりあえず、車道に出て、大きく手を振って、バスを止める。

車掌に聞いてみたところ、ラノーンへ行くというではないか。

ああ、そうだったのね。
一番最初に見かけたバスがラノーン行きだったから、チュンポン行きは別だと思い込んでいた。

(実際に乗ったバス)
カオラックからラノーン行きバス (5)

結局、2時間以上、バスを待ったことになる。
無駄な時間だったなあ。

カオラックからラノーンまで

乗車してからは、スムーズそのもの。
座席も広くて快適。

カオラックからラノーン行きバス (1)

カオラックからラノーンへのバス運賃は、165バーツ。
バス会社は、RUNGKIT TOURというようだ。

山間の田舎道をひた走る。

カオラックからラノーン行きバス (4)

2時間後、クラブリーバスステーション(KURABURI BUS STATION)で長めの停車。

カオラックからラノーン行きバス (3)

そこからさらに2時間ほど走って、ラノーンのバスターミナルに到着。

ラノーンバスターミナル

所要時間は4時間ほどだった。
あと、バスの待ち時間が2時間以上。

カオラックのホテルをチェックアウトしてから、実に6時間半ほどかかってしまった。

当初の予定では、昼すぎにラノーンに到着する予定だったが、実際に着いたのは午後4時。
想定外に時間を食ったなあ。
まあ、ローカルバス旅なんて、こんなもんでしょう。
時間には余裕を持って旅をしましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (6)

クラビからカオラックへは、ロットゥー乗り換えのたらいまわしに会う

アジア周遊旅行30(クラビからカオラック) クラビはいいところだった。 アオナンビーチは

記事を読む

バンコク南バスターミナル (3)

バンコク南バスターミナルからカオサン、フアランポーン駅行きのローカルバス。地下鉄乗り換えでスクンビットへ。

アジア周遊旅行37(バンコク編) ラノーンを出発して10時間。 バンコク南バスターミナル

記事を読む

ソンバットツアーバス (1)

ラノーンからバンコクへ10時間バス移動。ソンバットツアー(SOMBAT TOUR)社のバスは快適だった。

アジア周遊旅行36(バンコクへ) アジア周遊旅行もいよいよ終わりが近づいた。 ラノーンか

記事を読む

ラノーンイミグレーション方面行き赤ソンテウ (2)

【ラノーンの夜遊び】ラノーンでソンテウに乗ったらミャンマー人カラオケ置屋ゾーンへ迷い込んだ

アジア周遊旅行35(ラノーン夜遊び編) ホテルで軽くシャワーを浴びてから外へ出てみると、すでに

記事を読む

ペナン島チキンライスカオマンガイ (2)

【ペナン島はB級グルメ天国】チキンライス(カオマンガイ)、カレーラーメン、エビラーメン、ワンタンメン、ぶっかけ飯などなど一気に紹介。

アジア周遊旅行16(ペナン島編) ペナン島には合計3泊滞在した。 朝はゲストハウスの

記事を読む

クラブアトランティス (1)

23歳ゴーゴー嬢をペイバーしたアンヘレス4日目の夜

アジア周遊旅行9(アンヘレス4日目) アンヘレス滞在も4日目となった。 残りは2日である。

記事を読む

クラビホテルプラナンフローラハウス

クラビ初日の夜は、レディボーイに追いかけ回される

アジア周遊旅行26(クラビ編1) ハジャイからクラビに到着したのはいいものの、長時間のロッ

記事を読む

ダンノック街中 (8)

ダンノック(サダオ)の歩き方とホテルの探し方

アジア周遊旅行20(ダンノック編) ペナン島から国境を越えて、タイに入国。 ハジャイ行き

記事を読む

マレーシアタイ国境イミグレーション (7)

ペナン島からタイ国境の街ダンノック(サダオ)へ。タイ入国イミグレーションは意外と厳しかった。

アジア周遊旅行19(タイ入国編) ペナン島で無事にタイ観光ビザを取得できた。 これで心置

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑