*

アジア周遊旅行へ出発。旅の始まりは香港から。

公開日: : 2016年7月~アジア周遊旅行

旅立ちの朝

アジア周遊旅行へ出発する朝がやってきた。

睡眠時間は2時間以下だが気にしない。

ピーチ航空香港行きMM63便の出発予定時間は、午前8時50分だ。
午前7時半には関空第2ターミナルに到着しておきたい。
なかなかの早起きを強いられるタイムスケジュールなのである。

普段日本にいる時は、朝方に眠る生活を送っている。
出発前夜といえど、急に早寝ができるはずもなく、眠りについたのは午前3時過ぎ。起床は午前5時。
寝たような寝ていないような微妙な感覚。
が、目はばっちり冴えている。
遠足前夜の小学生とかわりはない。どれだけ年齢を重ねて、どれだけ回数を重ねようなが、海外旅行に出かけるとなれば、少々の睡眠不足など吹っ飛んでしまうものなのだ。

しかも今回は、いつものタイ限定の旅行ではない。
LCCを使って、アジアの国々をいくつか巡る周遊旅行となる。
こういう周遊旅行は旅人の心をくすぐる。わくわくするよね。

途中までの航空券は手配済みだが、その先のルートは未定である。これもわくわくする。気の向くままに、次の訪問地を決める。
こういう旅は久しぶりだ。

SPONSOR LINK

まずは、香港へ

無事に関空第2ターミナルへ到着して、チェックインマシーンでさくっとチェックイン完了。

関空第2ターミナル (3)

搭乗券も発券されるので、預け荷物がなければ、このまま出国手続きへ向かえばいい。このシステムは楽でいいなあ。

プレハブ建てのような搭乗ゲートをくぐる。
関空第2ターミナル (1)

そのまま歩いて、飛行機まで。
ピーチ航空 (3)
歩いて移動するのが、いかにもLCCといった風情で、なかなか楽しい。
ターミナル2は空港利用料が安いんで、ほかのLCCもほっと利用してほしい。

座席指定はしていないが、ラッキーなことに窓際となった。

ピーチ航空 (4)
離陸。

ピーチ航空 (1)

さらば関空、さらば日本。
たぶん、次に帰国するのは、3ヶ月後くらい。
長旅となりそうだ。

香港へのフライト中はずっと寝ていた。
タイ行きのエアアジアに比べれば、ちょっと座席ピッチは狹いけれど、それほど問題にはならない。
窓際の席は居眠りしやすい。

気づけば、すでに香港が見えてきた。
地震の多い日本では考えられないような細身の高層ビル群が眼下に広がる。

香港到着 (2)

あっさり着陸。

香港到着 (1)

ピーチMM63便の香港までのフライト時間は3時間20分。
香港も近くなったもんだなあ。

イミグレーションを通過。
数年ぶりの香港上陸だ。

香港には何度も訪れているが、これといって特に何の思い入れもない。

が、アジアの旅の出発点といえば、香港なのである。
これは、深夜特急や猿岩石の時代からの鉄則だ。

旅はここから始まる。
香港名物の激安&激狭ゲストハウスに泊まって、客引きの怪しいインド人やアラブ人たちをかわしながら、次なる目的地へ向かう英気を養うのだ。

ゴールはパタヤ

というわけで、アジア周遊旅行のスタートです。

香港からはじめて、次はフィリピンだ。
その先は未定。

でも、ゴールは決まっている。
パタヤだ。
これは動かせない。

パタヤは鉄板としてひとまず置いておく。
パタヤにたどり着くまでに、数カ国は巡るつもりだ。
タイに入国してからもすぐにはパタヤへ向かわずに、タイ国内をふらふらと移動するかもしれない。
はたしてパタヤへたどり着くのはいつになることやら。

ブログ記事になかなかパタヤが登場しないかもしれないが、気長にお待ちください。
旅行期間は約3ヶ月の予定。徐々に記事をアップしていくんで、気軽にお楽しみください。
いやあ、やっぱり旅は楽しいもんですわ。

SPONSOR LINK

関連記事

ラノーンバスターミナルソンテウ (2)

ラノーンバスターミナルから市内への行き方と、ラノーンおすすめホテル

アジア周遊旅行34(ラノーン編) カオラックからラノーンへ無事に到着。 ラノ

記事を読む

夜のアンヘレスウォーキングストリート (2)

アンヘレス初日は、20歳ゴーゴーダンサーをバーファインして大当たり

アジア周遊旅行6(アンヘレス1日目) ようやくアンヘレスにたどり着いた。 この日記の更新も遅

記事を読む

アンヘレスクラーク国際空港 (1)

アンヘレス(フィールズアベニュー)からクラーク空港へ行く方法

アジア周遊旅行11 アンヘレス滞在5泊を終えて、夕方のフライトでシンガポールへ向かう。

記事を読む

クラーク空港前タクシー乗り場  (3)

クラーク空港からアンヘレス市内へタクシー移動

アジア周遊旅行5 無事に香港からクラーク空港へ到着。 ATMで軽くフィリピンペソを引き出

記事を読む

香港発クラーク行きセブ・パシフィック (2)

香港からクラーク(アンヘレス)へ。セブパシフィック5J149便搭乗記。

アジア周遊旅行記4 本日は、香港からフィリピン・クラーク(アンヘレス)へ向かう。 搭乗す

記事を読む

ソンバットツアーバス (1)

ラノーンからバンコクへ10時間バス移動。ソンバットツアー(SOMBAT TOUR)社のバスは快適だった。

アジア周遊旅行36(バンコクへ) アジア周遊旅行もいよいよ終わりが近づいた。 ラノーンか

記事を読む

ピーチ航空 (1)

アジア5カ国周遊旅行まとめ。ルートと実際の使用金額など。

アジア周遊旅行40(総括編) 18日間に渡ったアジア周遊旅行。そのまとめをお送りしたい。

記事を読む

ペナン島チキンライスカオマンガイ (2)

【ペナン島はB級グルメ天国】チキンライス(カオマンガイ)、カレーラーメン、エビラーメン、ワンタンメン、ぶっかけ飯などなど一気に紹介。

アジア周遊旅行16(ペナン島編) ペナン島には合計3泊滞在した。 朝はゲストハウスの

記事を読む

マレーシアタイ国境イミグレーション (7)

ペナン島からタイ国境の街ダンノック(サダオ)へ。タイ入国イミグレーションは意外と厳しかった。

アジア周遊旅行19(タイ入国編) ペナン島で無事にタイ観光ビザを取得できた。 これで心置

記事を読む

ペナン島空港バス (5)

ペナン空港からジョージタウン・チュリア通りへはラピッドペナンのバスがおすすめ。安くて快適。

アジア周遊旅行15 シンガポールからのフライトでペナン国際空港に到着。 これから、わたし

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑