*

アジア周遊旅行へ出発。旅の始まりは香港から。

公開日: : 2016年7月~アジア周遊旅行

旅立ちの朝

アジア周遊旅行へ出発する朝がやってきた。

睡眠時間は2時間以下だが気にしない。

ピーチ航空香港行きMM63便の出発予定時間は、午前8時50分だ。
午前7時半には関空第2ターミナルに到着しておきたい。
なかなかの早起きを強いられるタイムスケジュールなのである。

普段日本にいる時は、朝方に眠る生活を送っている。
出発前夜といえど、急に早寝ができるはずもなく、眠りについたのは午前3時過ぎ。起床は午前5時。
寝たような寝ていないような微妙な感覚。
が、目はばっちり冴えている。
遠足前夜の小学生とかわりはない。どれだけ年齢を重ねて、どれだけ回数を重ねようなが、海外旅行に出かけるとなれば、少々の睡眠不足など吹っ飛んでしまうものなのだ。

しかも今回は、いつものタイ限定の旅行ではない。
LCCを使って、アジアの国々をいくつか巡る周遊旅行となる。
こういう周遊旅行は旅人の心をくすぐる。わくわくするよね。

途中までの航空券は手配済みだが、その先のルートは未定である。これもわくわくする。気の向くままに、次の訪問地を決める。
こういう旅は久しぶりだ。

SPONSOR LINK



まずは、香港へ

無事に関空第2ターミナルへ到着して、チェックインマシーンでさくっとチェックイン完了。

関空第2ターミナル (3)

搭乗券も発券されるので、預け荷物がなければ、このまま出国手続きへ向かえばいい。このシステムは楽でいいなあ。

プレハブ建てのような搭乗ゲートをくぐる。
関空第2ターミナル (1)

そのまま歩いて、飛行機まで。
ピーチ航空 (3)
歩いて移動するのが、いかにもLCCといった風情で、なかなか楽しい。
ターミナル2は空港利用料が安いんで、ほかのLCCもほっと利用してほしい。

座席指定はしていないが、ラッキーなことに窓際となった。

ピーチ航空 (4)
離陸。

ピーチ航空 (1)

さらば関空、さらば日本。
たぶん、次に帰国するのは、3ヶ月後くらい。
長旅となりそうだ。

香港へのフライト中はずっと寝ていた。
タイ行きのエアアジアに比べれば、ちょっと座席ピッチは狹いけれど、それほど問題にはならない。
窓際の席は居眠りしやすい。

気づけば、すでに香港が見えてきた。
地震の多い日本では考えられないような細身の高層ビル群が眼下に広がる。

香港到着 (2)

あっさり着陸。

香港到着 (1)

ピーチMM63便の香港までのフライト時間は3時間20分。
香港も近くなったもんだなあ。

イミグレーションを通過。
数年ぶりの香港上陸だ。

香港には何度も訪れているが、これといって特に何の思い入れもない。

が、アジアの旅の出発点といえば、香港なのである。
これは、深夜特急や猿岩石の時代からの鉄則だ。

旅はここから始まる。
香港名物の激安&激狭ゲストハウスに泊まって、客引きの怪しいインド人やアラブ人たちをかわしながら、次なる目的地へ向かう英気を養うのだ。

ゴールはパタヤ

というわけで、アジア周遊旅行のスタートです。

香港からはじめて、次はフィリピンだ。
その先は未定。

でも、ゴールは決まっている。
パタヤだ。
これは動かせない。

パタヤは鉄板としてひとまず置いておく。
パタヤにたどり着くまでに、数カ国は巡るつもりだ。
タイに入国してからもすぐにはパタヤへ向かわずに、タイ国内をふらふらと移動するかもしれない。
はたしてパタヤへたどり着くのはいつになることやら。

ブログ記事になかなかパタヤが登場しないかもしれないが、気長にお待ちください。
旅行期間は約3ヶ月の予定。徐々に記事をアップしていくんで、気軽にお楽しみください。
いやあ、やっぱり旅は楽しいもんですわ。

SPONSOR LINK

関連記事

カオラックナントンビーチビアガーデン (1)

カオラックのナントンビーチってこんなところ。ジェルンホテル宿泊レポート。

アジア周遊旅行31(カオラック案内) クラビからのバスが到着したのは、カオラックのナントン

記事を読む

ダンノック街中 (8)

ダンノック(サダオ)の歩き方とホテルの探し方

アジア周遊旅行20(ダンノック編) ペナン島から国境を越えて、タイに入国。 ハジャイ行き

記事を読む

雨のアンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレス3日目は友人と合流してバーホッピングと屋台買い食い

アジア周遊旅行8(アンヘレス3日目) 地獄の一夜が明けた。 体調はやや回復したが、まだまだ本

記事を読む

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

ラノーンバスターミナルソンテウ (2)

ラノーンバスターミナルから市内への行き方と、ラノーンおすすめホテル

アジア周遊旅行34(ラノーン編) カオラックからラノーンへ無事に到着。 ラノ

記事を読む

近況報告

【近況報告】移動続きの旅をしながらブログを更新するのは難しい。でも旅は楽しい。

アジア周遊旅行番外編 リアルタイム速報 ブログの更新が滞っていますが、なんとか元気にやっ

記事を読む

ハジャイMPピンクレディ (1)

ハジャイの夜遊び風俗スポットを昼と夜に徘徊。ハジャイ夜遊び情報2016年最新版。

アジア周遊旅行23(ハジャイ夜遊び編) マレーシア野郎たちのパタヤとも言うべきダンノックをあと

記事を読む

アンヘレスQバー

お相手探しに迷走したアンヘレス滞在最終夜

アジア周遊旅行10(アンヘレス5日目) アンヘレス滞在は本日が最終。 翌日夕方にクラーク空港

記事を読む

夜のアンヘレスウォーキングストリート (2)

アンヘレス初日は、20歳ゴーゴーダンサーをバーファインして大当たり

アジア周遊旅行6(アンヘレス1日目) ようやくアンヘレスにたどり着いた。 この日記の更新も遅

記事を読む

アドステア

アドステア

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

→もっと見る


PAGE TOP ↑