*

マイクショッピングモールのフードコート、眺めはいいけど、やっぱりしょぼかった

マイクショッピングモールとは

マイクショッピングモールはパタヤ老舗のショッピングモール。

マイクショッピングモール

高級感はまったくないが、安い衣料の取り揃えは充実しており、ロシア人やアラブ人を中心にそれなりに買い物客は多い。

1,2階にある露店衣料売りはコピーが多い。上階にあるブランドショップはたぶん本物っぽい。
ほどほどに安い服や靴を買うならマイクは悪くないかな。

地図

ビーチロードからもセカンドロードからも入れる。
徒歩&ソンテウ派には、昼間はビーチからセカンドへの涼しい抜け道として意外と重宝する。
夜間はマイク横のART STREETを通ればいい。

マイクショッピングモール横のアートストリート

セカンドロードを渡るとソイダイアナとなりLKメトロへ行ける。
パタヤ中心部の地理を把握するのに一つのランドマークとなるのがマイクショッピングモールだ。

なお、セカンドロードのパタヤタ寄りに、もう一軒小さなマイクがある。上がホテルになっている。間違えることはないと思うが、友人と待ち合わせの際には一応注意しておこう。
マイクホテルはウォーキングストリートに近い割には安くて、屋上にスイミングプール付き。

マイクホテル(MIKE HOTEL)の詳細をチェック

SPONSOR LINK

マイクショッピングモールのフードコート

さて、あまり知られていないが、5階にはフードコードがある。少し前に改装して新しくなった。
おそらく昨年くらいに沈没日記内で取り上げたことがある。

フードコートの名前は、FOOD PARADISE
マイクショッピングモールフードコート (3)

店の数も少なければ、客も少ないという状態だった。
訪れる価値無しと断じて、すっかりその存在を忘れかけていた。

それから半年か一年が過ぎた。

さて、現在はどうなっているのか。
マイクショッピングモールに用事があったので、ついでに5階まで上ってみた。ちょっと時間がかかる。

マイクショッピングモールフードコート (1)

エスカレーターを降りて反対側がフードコート。

マイクショッピングモールフードコート (4)

あ、前回とほとんど何も変わっていないや。

マイクショッピングモールフードコート (6)

店は5,6店舗だけ営業している。
テーブルは多いが、案の定、がらがら。

マイクショッピングモールフードコート (5)

ほどんど客がいない。訪れたのは昼12時過ぎだ。
ひどいね、こりゃあ。
よく今まで潰れずにやってこれたものだ。

基本料金は高い。立地条件抜群で少しは高級感のあるセントラルフェスティバル(センタン)地下のフードコートより高いかもしれない。
カオマンガイが65バーツである。たしかセンタン地下は50バーツだったはず。

マイクショッピングモールフードコート (13)

が、ここには各店舗にSpecial Menuという格安メニューがあって、これなら40バーツ。

マイクショッピングモールフードコート (7)
マイクショッピングモールフードコート (11)

クリスピーチキンフライを注文してみた。

よく考えたら、前回もわたしはこのチキンフライを注文したはずだ。
で、がらがらなのに15分以上待たされた覚えがある。
で、今回もがらがらなのに、10分ほど待たされた。

マイクショッピングモールフードコート (12)

小さなチキンカツが二つ。
ソースは、あまったるいチリソースの出来損ないみたいなやつ。

スープはカオマンガイ用のものによく似ているが、大しておいしくない。

思い出したよ。前回もおいしくなかったんだ。

また同じ失敗を繰り返してしまった。

支払いは現金ではなくて前売りのカードを購入する。カード販売ブースで、好きな金額を指定すればチャージしたカードを渡してくれる。まあ、普通は100バーツ札1枚か2枚を差し出せばオッケー。
余ったら、払い戻し(リファンド)してくれる。

なお、ペットボトルの水(ナンパオ)は15バーツと、これまたセンタンの10バーツより高い。

客席の数は多いし、スペースも広い。
どうしても席に座るのなら、屋台とは反対側のエリアがおすすめ。
窓際の席に座ると、パタヤの海を見下ろすことができるのだ。

マイクショッピングモールフードコート (8)

マイクショッピングモールフードコート (9)

まあ、これまた大したことはないのだが、海を眺めながら食べると少しはおいしく感じられるかもね。

マイクショッピングモールのフードコートの利点はこれくらい。

あとは、無料で利用できるパソコンが置いてある。

マイクショッピングモールフードコート (10)

パスワードが必要なんで係の人にたずねよう。
誰も使っていないんで、使い放題だよ、たぶん。

たしかエレベーターもあるはずだが、5階まで上るのが面倒くさい。

はい、これに懲りて、わたしは二度と5階のフードコートには行きません。

屋上にあるプールは利用するかも。
宣伝はしているんで、まだ営業しているでしょう、たぶん。たしか入場料100バーツのはず。
マイクショッピングモールフードコート (2)

マイクショッピングモール前

なお、マイクショッピングモールのセカンドロード前には、新しく土産屋・雑貨屋通りができていた。

マイクショッピングモール前

果物売りコーナーはそのまま。

マイクショッピングモール前果物屋

特別安くも高くもなく、気軽にフルーツを買える。英語も通じるんで利用しやすい。
きちんと食べやすくカットしてくれる。もちろんカット代は無料。
やっぱりマンゴーがおすすめです。5階には上らず、ここでマンゴー買って帰りましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

Tom yum noodle pattaya tai (5)

ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 ここは以前に紹介した。 関

記事を読む

tonkotsu-ramen-4

タイ・セブンイレブン新商品、とんこつラーメンを食べてみた

タイのセブンイレブンの冷凍食品シリーズに新しい1品が加わった。 ずばり、とんこつラーメンである

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

Terminal 21 Pier 21 (5)

バンコクターミナル21のフードコードでナムトックコームーヤーンを食べる

バンコク・スクンビットにある巨大ショッピングモール・ターミナル21。 都会のど真ん

記事を読む

nana-burger-bangkok-2

今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプラザ愛好家には言わずもがな。

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

セイラーレストランのブレックファースト (4)

【パタヤのファランな朝食】セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し

ビーチロードのソイ8のビーチ近くにある老舗のバー&レストラン、SAILOR(セイラー)。 ステ

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

mcdonald

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

タイの朝食といえば、おかゆ。 タイ語でジョークという。 原型がなくなるまでに煮こまれたお米が

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑