*

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

公開日: : グルメレポート


ソイ6

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。
普通の観光客が訪れる必要はまったくない。

屋台はたくさん出ているが、まともなレストランはかなり少ない。
soi6を訪れる時はよく歩く。ひたすら歩く。すると腹が減る。
さあ、どこでご飯を食べようか?

SPONSOR LINK

ソイ6にあるレストラン

まず、ブリティッシュパブ系のレストランが少々。上がホテルで1階がパブレストランになっている。

QUEEN VICTORIA INN
ソイ6ビクトリアイン

ビーチ寄りにフレンチ&イタリアンレストラン.。

Mama’Cafe
ソイ6ママズカフェ

またビーチ側のソイ入り口、バンコク銀行横にレストランがある。

Charlie’s Pizza
ソイ6ピザ

ここは、ファラン飯の他にも、タイ料理やイサーン料理を扱っている。
ソムタム60バーツ、ラーブムー85バーツなど。
海も見えるし、雰囲気は悪くない。
決して高いわけでもないが、どうせならもっとローカルな食堂はないものだろうか?

以前は、セカンドロード側のソイ入り口に小さな食堂が一軒だけあったが、いつの間にか閉店。
ここのカオパットは、アメリカン風ケチャップ味のチャーハンで、ちょっとおいしかった。

ソイ6内のローカル飯屋

と、ソイ6をふらふら歩いていると気になる食堂を発見。

場所は、ビーチ側からソイ6に入って、左側の並び。セカンドロードよりもビーチに近い場所。

ソイ6食堂 (1)

建物と建物の間でひっそりと営業している。
バー巡りをしている人の99%は見過ごしてしまいそうな店構えである。
食堂というよりも、路地裏屋台みたいな雰囲気だ。

地図

この地図の場所はかなりアバウトなんで、脇道をよく見ながら探して欲しい。

ソイ6食堂 (2)

入るのに多少の勇気が必要だが、気にせず突入してみた。

狭い。
壁の片側に小さなテーブルが2つか3つ置いてあるだけ。
奥が厨房になっている。

ソイ6食堂 (4)

まあ、お世辞にも清潔な店内とは言えないが、ローカル食堂なんてこんなもんである。
気にしてはダメだ。

店内からソイ6を眺めたところ
ソイ6食堂 (3)

店員はフレンドリーで、軽い英語も通じる。
男の店員はちょっと強面だけど、タイ語で話しかけると、きちんと「カップ」をつけて返事をしてくれた。

意外にも英語表記付きのしっかりしたメニューが用意されている。絵柄がちょっとかわいい。

ソイ6食堂メニュー (3)

基本は、注文どおりに料理する何でも食堂。

炒めものやガパオ系。40バーツから。
ソイ6食堂メニュー (4)

クイティアオもあり。これも40バーツから。

カオトム(雑炊)、カオパット(焼き飯)。40バーツから。
ソイ6食堂メニュー (1)

他にも多数。
ソイ6食堂メニュー (2)

今回は、無難にガパオを注文してみた。
具材は、豚ミンチ肉(ムーサップ)ではなくて、ムークロップにした。カリカリに揚げた干し肉だ。

ソイ6食堂のガパオムークロップ

目玉焼き(カイダーオ)をつけて50バーツ。
タイの食堂や屋台では標準的な価格である。
味も標準的。ふつうにおいしく食べられる。

ナンプラーは、自分の店で味を加えているようで、にんにくが入っている。
これがけっこういい感じの風味となっている。
こんな立地条件の店なのに、ひそかな努力をしているなあ。

近所のバーからも注文が入るようで、出前サービスで忙しそうだ。

 

というわけで、意外と便利で気持ちよく利用することができた。
抜群においしいわけではないけど、普通に食べられるレベル。
ソイ6をふらふら歩いていて、腹が減ったらまた利用してもいいかな。
ソイ6近くには、こういう手軽なローカル食堂が見当たらないんで。

まあ、ソイ6での食事なら、屋台で購入したつまみをバーに持ち込んで食べるのが一番のおすすめですけどね。
バーの軒先でビールとつまみをやりながら、通りかかる人たちを眺めるのがソイ6での乙な時間の過ごしかたです。
もちろん、このローカル食堂からテイクアウトしてバーに持ち込んでもオッケー。
タイ語が苦手な人でもメニュー指差しで簡単に注文できるはずです。

SPONSOR LINK

関連記事

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。 昔、この近所

記事を読む

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

デンダムバミー (2)

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ

パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム。 パタヤ在住のタイ人なら、ほとんどみんな知

記事を読む

マイクショッピングモールフードコート (6)

マイクショッピングモールのフードコート、眺めはいいけど、やっぱりしょぼかった

マイクショッピングモールとは マイクショッピングモールはパタヤ老舗のショッピングモール。

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

アドステア

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑