*

バンコクより友人来たる。円安が直撃するタイ生活と夜遊び。

14日目

深夜にやって来たコヨーテ嬢と二人寝。
またしても、昼過ぎまでダラダラと寝てしまう。

円安と屋台メシ

一人で両替に。
おっと、ついに2700を割り込んだ。

TTカレンシーレート

T.Tカレンシーで、2695の表示。
レートの悪い空港両替所なら、2500台だろうなあ。
1バーツ=4円の換算だよ。
おそろしや。

さらなる節約が必要である。

両替ついでに、コヨーテ嬢の分と合わせて、二人前の昼食を調達。
2皿で80バーツなり。

かりに1バーツ=4円で計算しても、320円。
日本に比べると、まだまだ安いか。
食事代も二人分だとバカにならない。
贅沢な食事を求めないコヨーテさんで助かる。

パットパックルアンミット
屋台のパットパックルアンミット

野菜炒めですな。
野菜とキノコがゴロゴロ入っております。
ちょっと大味な印象。

カオパットムー
屋台のカオパットムー

豚肉入り焼き飯。
これは、いたって普通。
どうしても火力に難のある屋台の焼き飯はこんなもんでしょう。

 

夕方まで、だらだら過ごす。
昼間は暑すぎて、出歩く気にならない。
エアコンの効いた部屋でのんびり過ごす。
いつの間にか、一発。
まあ、それくらいしかヤルことないし、当然か。

コヨーテさんは、ご出勤のため、帰宅。
サロン代とタクシー代を渡しておく。
ブンブン代がさほどかからないのは、この円安時、とても助かる。

バンコクの友人

入れかわるようにして、バンコク在住の友人から電話が入る。
さっきパタヤに着いたそうな。
この友人、バンコクに住んで早10数年、バンコクではもうほとんど遊ばなくなったらしい。
で、たまにパタヤへ気分転換でやって来て、夜遊びするとか。

早速合流して、軽く食事。
いつものソイエキサイト脇道食堂

わたしはカナームークロップを注文。

ソイエキサイト脇道食堂のカナームークロップ

カナーという野菜と干した豚肉を炒めたもの。
これもタイ料理の定番。

カナーの葉がでかい。
味付けはばっちりだが、この巨大な葉っぱはちょっときつい。
リアルに草や葉っぱを食べている気分にさせられる。
カイダーオ付きで、60バーツ。
いや、おいしんだけどね。

バービアで経済と夜遊び談義

食後はバービアへ。

ビジネスや金融関係の話をしっぽりと。
円安は辛い。日系企業と取引のある友人は、しきりに嘆いていた。
レートが悪いので、撤退を考えている日系企業も出てきているようだ。
個人としては、資産フライトとリスク分散は忘れずにという結論。
まあ、わたしにはフライトさせるほどの資産はありませんが、この円安だけはどうにかしてほしい。

あと、女遊びの話も少々。

バンコク在住5年ほど経過したところで、すっかり夜遊びは飽きてしまったとのこと。
旅行者として日本とタイを行ったり来たりするスタイルのほうが、その度に新鮮な気持ちにリセットされて、数段楽しめるとか何とか。
まあ、そんなものか。
わたしは別にパタヤに住んでいるわけではないので、今のところ飽きていない。
年単位で住むとなると、いろいろ難しい面もあるんだろうなあ。

素人・プロ問わず、女遊びを散々し尽くした結果、カネで割り切ったお付き合いをするのが一番楽だし、逆に安上がりだとも力説していた。
ヘタに情がうつったり関係が深くなると、やれプレゼントだ、やれ借金の申し込みだと、どうしても出費がかさんでしまう。で、もちろん、貸したカネは戻ってこず。
別れ際も修羅場と化してしまう。
在住者には在住者の苦労があるもんですね、タイの女遊びも。

まあ、世知辛い話はそこまで。
あとは、バービアで酒とビリヤード。
バービア嬢も混じえて、ひたすら遊ぶ。
タイ語ペラペラの友人なので、バービア嬢にはシモネタ連発である。
ひたすら笑いを取る。
わたしをはるかに上回るバービアの達人だ。

うん、楽しいね。
パタヤは楽しむ場所だ。
うたかたの夢だ。
それを忘れないようにしよう。

友人は、なじみのおねえちゃんを呼び寄せ、そのままお持ち帰り。
翌日、仕事のため、慌ただしくバンコクヘ戻っていった。
また会いましょう。

わたしは、23歳のバービア嬢相手にさらに飲み続けて、最後はヘベレケ。

この日は、コヨーテさんは泊まりに来ず。
ゆっくりと一人寝となった。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

パタヤの青空

晴れた日には洗濯とアオカンを。19歳の新人バービア嬢を涙ながらに放流。

27日目 晴れた日には洗濯を 起床は正午前。 一人で寝ると、睡眠の深さが違う。 7時間も寝れ

記事を読む

ペパーミントゴーゴー

ペパーミントで友人のペイバーを手伝う。ボーイズタウン内のホテルはとってもマッチョな雰囲気。

9日目つづき。夜の部。 ウォーキングストリートへ 食後、ウォーキングストリートへ。 友人のうち

記事を読む

パッタイ屋台

大当たりバービア嬢との再会と、コヨーテ嬢からのヘルプ要請。屋台のパッタイうまし。

22日目 昼飯に豚の喉肉ステーキを食べて、満足。 連日連夜の肉食のような気もするが、まあいい

記事を読む

パタヤ看板

2015年5月~6月パタヤ1ヶ月沈没生活終了。当初予算と実際の出費についてのまとめ。

29泊30日。ほぼ1ヶ月のパタヤ沈没生活。 毎度恒例、滞在費や飲み代に関しての実際の費用についての

記事を読む

名無し食堂のラートナー (1)

コヨーテ嬢とラートナー。ぶっかけ三昧の昼下がりの情事。

(注意。当記事にはダジャレと暗喩に擬した大人向けの表現が含まれております。タイ料理を検索して訪問され

記事を読む

パタヤカンのローカル食堂

読者さんとF1テレビ観戦&食事会。パタヤカンの食堂のムーガティアムがうまい。

5日目昼の部 昼食はガパオプラームック 定宿の近くには、いつも同じ場所に炒めもの屋台が出没し

記事を読む

エレクトリックブルー1

サードロード捜索からウォーキングへ。エレクトリックブルー初入店。新店情報あれこれ。

11日目 サードロードの出会い系酒場? 夜10時ころ、ようやく外出。 サードロードをひたすら歩

記事を読む

スパーガール1

ウォーキングウォーキング、スーパーガールを見学してきた。最後はLKメトロへ。

2日目つづき。夜の部。 パタヤの夜といえば、ウォーキングストリート。 価格上昇と緊縮財政事情

記事を読む

食事

滞在ラスト2日前に最後のブンブン。あとは最後の挨拶まわり。

28日目 一人の朝食 起床。 パタヤ滞在残り2日。 あさっての午前中にはパタヤからドンムアン

記事を読む

ボーイズタウンの看板

ボーイズタウンで男の砲列を浴びてからのゴーゴーバーめぐり

10日目 昼飯はママー 本日の昼飯は、カップラーメンである。 タイでは、「ママー」とも

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ポピタン より:

    空港の両替は数ヶ月前に2500バーツをきってますよ
    タイの物価上昇と円安で本当に胃に穴があきそうです

    • pattayan night より:

      うわ、空港のレートはひどいですね。
      物価上昇と円安に文句を言ってもしょうがないですが、ホント辛いところですね。身にしみます。
      かといってタイ旅行をやめたくないですしね。

アドステア

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

Bangkok bank ATM free coke (1)
バンコク銀行ATMで外国のクレジットカードを使うとコーラ1本プレゼント中

どうでもいいようなプチお得情報を一つ。 タイのバンコク銀行A

→もっと見る

PAGE TOP ↑