*

パタヤ昼散歩。ソイ15からベイウォーク、ソイポストオフィスまで。

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 2015年1月~3月パタヤ沈没日記 , ,

昼間。
昼飯を求めて、ブッカオをぶらぶら。
そのまま、ふらふらとセカンドロードのソイ15に入ってみる。
白昼の夢遊病者のようなものである。

セカンドロードソイ15

このソイは、ブッカオとセカンドロードを結ぶ裏道的な存在だ。
ウォーキングストリートからブッカオ方面へ帰る時に、バイタクやチャーターソンテウが抜け道としてよく使っている。

ブッカオ側のソイ15入り口
ブッカオソイ15

まっすぐ進んで、ちょうど曲がり角のあたりが、パタヤアヴェニューの裏口となる。
ホテルとコンドミニアムが並ぶ閑静なエリアだ。
特に新築のコンドミニアムは見るからに豪華。
パタヤ中心部にあって、この豪華さと利便性はなかなかない。
あとはバービアとカラオケが数軒ある程度。
セカンドロード側は思いっきりローカルな雰囲気になるけど。

Angels buffet bistro and grill

パタヤアベニュー裏口からセカンドロード方面へ少し歩いたところにあるレストラン「ANGEL’S」。
前は違う店だったような気がするが、ビュッフェを始めていた。

ANGEL'Sレストラン

朝食が119バーツ 8時から12時
ディナーが299バーツ 18時から22時半

HP
Angels
http://www.angelspattaya.com/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/angels.pattaya

ちょっと調べてみると、オーナーはイタリア人。
イタリアン料理をメインに、ヨーロッパ料理を取り揃えているようだ。
ビュッフェのメニューは毎日変えているようで、食に対するこだわりが感じられる。
大味で画一的なホテルの朝食バイキングに飽きたら、訪れてみるのも一興か。
わたしはディナーで使いたいところだけど、予算的に考えて、やっぱり無理。

NETA RESORT

NETARESORT

おや、こんなホテルの看板。
NETA RESORTとある。ネタリゾートか。

調べてみると、こちら。

netaresort
http://netaresortpattaya.com/

84室ある中規模のホテル。
直接予約で一泊1500バーツ程度。

こんなホテルあったかなと思いきや、バリタヤリゾートホテルのことのようだ。

ソイ15からブッカオ沿いにある二階建てのバービア群への抜け道の途中にあるホテルだ。
ここは以前からあるので、新築ホテルでも何でもないな。
名前だけ変えて、客寄せのネタにしているのかね。

ソイ・ベイウォーク

そのまま、ぶらぶら歩いて、セカンドロードを渡る。
パタヤ・シティウォークへふらふらと進入。
人によっては、この通りをソイベイウォークと称したりもする。

ベイウォーク

ベイウォークレジデンスアヤブティックホテルといった日本人に人気のホテルがあるせいか、日本人の姿を多く見かける。それも3,4人のグループが多い。
単独行動者の多いブッカオ界隈とは雰囲気がだいぶ違うなあ。

通りの露天もカラフルかつオシャレだし。
物価は少々高そうだけど。

日本食レストラン「獏」

焼肉獏

溶岩焼肉、囲炉裏料理、海鮮、牛もつ鍋、カレーライス!

うーん、久しぶりにまともな日本語の看板を見たような気がする。
そう言えば、この1ヶ月まともな日本食を食べていない。
溶岩焼肉とは言わないけれど、せめてカレーライスくらいは食べてみたい。
が、やはり予算の都合上、どうしても無理。

すごすごとベイォークを後にする。
ウォーキングストリートまでは余裕の徒歩圏内だし、短期滞在者が利用するにはとても便利な場所なんだけど。

ソイポストオフィスの屋台で昼食

ソイポストオフィス

ソイポストオフィスの屋台

で、ソイポストオフィスの薄汚れた屋台で昼食となるのは、貧乏滞在者の宿命。
今日も今日とてガパオムーサップカイダーオ。

ソイポストオフィスのガパオムー

ちょっと安くて45バーツ。
50バーツが主流となってきた今、たった5バーツの差だけど、なんだか得した気分。
セコイ。

食後、ソイパタヤランドソイヤマトまでぐるぐるとお散歩。

昼間からバービアでだらだらしている沈没系ファランが多い。
すでにオープンしているゴーゴーバーまであるし。

そう言えば、このエリアのゴーゴーバーには一度も入ったことがない。
たぶん、妖怪屋敷だろうと勝手に決めつけているのだが、食わず嫌いは良くない。
何事もチャレンジである。

オブセッション・キトゥンクラブ

でも、まあ、この辺りのやさぐれた雰囲気は好きだな。
通りがかりのマッサージ屋に意外と若くてかわいい子がいた。
声かけておけばよかった。
今度、夜にでも出かけてみよう。

(夜の部へのつづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

タンブンワットチャイモンコン (10)

バービア嬢とワットチャイモンコンでタンブン

47日目 本日は、マーカブチャ。仏教の祝日だ。 禁酒日であり、多くのバーが休業する。

記事を読む

カノムチン

カノムチンと、部屋へ遊びに来たバービア嬢

41日目 昼飯はカノムチン そうめんのような米麺をカノムチンという。カノムジンとも表記できるかな

記事を読む

ビリヤード台

やっぱりバービアで過ごすのがパタヤ沈没スタイル

(49日目つづき。夜の部) パタヤの夜を楽しめるのは、本日と明日のみ。 昨晩は久々にペイ

記事を読む

テキーラローズ

元バービア嬢姉さんに飲まされた夜。性格とスタイルの良いバービア嬢にフェーンができていた。

パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入した。 あと一ヶ月弱あるが、特にやることに変わりなし。 いつもどお

記事を読む

ビーチロード屋台カブドガニ売り

ビーチロードのカブトガニ、ソイヤマト、新人バービア嬢、最後はLKメトロでイカチュー

(42日目続き) ノーティーガールで20歳のかわいいスレンダー嬢と再会してから、ウォーキングス

記事を読む

バービア嬢31歳

21歳と31歳のバービア嬢と飲む。バービア遊びの楽しみを再実感。

40日目 逆ペイバー嬢とは、少々不本意な結果に終わったけれど、実はそれほど気にしていない。

記事を読む

ガパオプラームック

イカとステーキとビールと美人。でも愛想の悪いバービア嬢にレディドリンクは奢りたくないよね。

31日目 ガパオプラームック 昼飯は、炒めもの料理屋台からお持ち帰り。 ガパオはガパオでも、た

記事を読む

PPマッサージ

いつもと変わらぬパタヤ沈没生活

パタヤ8日目 本日の昼飯 ブッカオの市場でぶっかけ飯。 節約生活の強い味方だ。 メニュー

記事を読む

ブッカオ2階建てバービア

パタヤ初日の夜はひたすらバービア飲み歩き

(初日昼の部からのつづき) まず食事。 ブッカオの南側にある屋台でバミーナム。

記事を読む

アドステア

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑