*

パタヤ昼散歩。ソイ15からベイウォーク、ソイポストオフィスまで。

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 2015年1月~3月パタヤ沈没日記 , ,

昼間。
昼飯を求めて、ブッカオをぶらぶら。
そのまま、ふらふらとセカンドロードのソイ15に入ってみる。
白昼の夢遊病者のようなものである。

セカンドロードソイ15

このソイは、ブッカオとセカンドロードを結ぶ裏道的な存在だ。
ウォーキングストリートからブッカオ方面へ帰る時に、バイタクやチャーターソンテウが抜け道としてよく使っている。

ブッカオ側のソイ15入り口
ブッカオソイ15

まっすぐ進んで、ちょうど曲がり角のあたりが、パタヤアヴェニューの裏口となる。
ホテルとコンドミニアムが並ぶ閑静なエリアだ。
特に新築のコンドミニアムは見るからに豪華。
パタヤ中心部にあって、この豪華さと利便性はなかなかない。
あとはバービアとカラオケが数軒ある程度。
セカンドロード側は思いっきりローカルな雰囲気になるけど。

Angels buffet bistro and grill

パタヤアベニュー裏口からセカンドロード方面へ少し歩いたところにあるレストラン「ANGEL’S」。
前は違う店だったような気がするが、ビュッフェを始めていた。

ANGEL'Sレストラン

朝食が119バーツ 8時から12時
ディナーが299バーツ 18時から22時半

HP
Angels
http://www.angelspattaya.com/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/angels.pattaya

ちょっと調べてみると、オーナーはイタリア人。
イタリアン料理をメインに、ヨーロッパ料理を取り揃えているようだ。
ビュッフェのメニューは毎日変えているようで、食に対するこだわりが感じられる。
大味で画一的なホテルの朝食バイキングに飽きたら、訪れてみるのも一興か。
わたしはディナーで使いたいところだけど、予算的に考えて、やっぱり無理。

NETA RESORT

NETARESORT

おや、こんなホテルの看板。
NETA RESORTとある。ネタリゾートか。

調べてみると、こちら。

netaresort
http://netaresortpattaya.com/

84室ある中規模のホテル。
直接予約で一泊1500バーツ程度。

こんなホテルあったかなと思いきや、バリタヤリゾートホテルのことのようだ。

ソイ15からブッカオ沿いにある二階建てのバービア群への抜け道の途中にあるホテルだ。
ここは以前からあるので、新築ホテルでも何でもないな。
名前だけ変えて、客寄せのネタにしているのかね。

ソイ・ベイウォーク

そのまま、ぶらぶら歩いて、セカンドロードを渡る。
パタヤ・シティウォークへふらふらと進入。
人によっては、この通りをソイベイウォークと称したりもする。

ベイウォーク

ベイウォークレジデンスアヤブティックホテルといった日本人に人気のホテルがあるせいか、日本人の姿を多く見かける。それも3,4人のグループが多い。
単独行動者の多いブッカオ界隈とは雰囲気がだいぶ違うなあ。

通りの露天もカラフルかつオシャレだし。
物価は少々高そうだけど。

日本食レストラン「獏」

焼肉獏

溶岩焼肉、囲炉裏料理、海鮮、牛もつ鍋、カレーライス!

うーん、久しぶりにまともな日本語の看板を見たような気がする。
そう言えば、この1ヶ月まともな日本食を食べていない。
溶岩焼肉とは言わないけれど、せめてカレーライスくらいは食べてみたい。
が、やはり予算の都合上、どうしても無理。

すごすごとベイォークを後にする。
ウォーキングストリートまでは余裕の徒歩圏内だし、短期滞在者が利用するにはとても便利な場所なんだけど。

ソイポストオフィスの屋台で昼食

ソイポストオフィス

ソイポストオフィスの屋台

で、ソイポストオフィスの薄汚れた屋台で昼食となるのは、貧乏滞在者の宿命。
今日も今日とてガパオムーサップカイダーオ。

ソイポストオフィスのガパオムー

ちょっと安くて45バーツ。
50バーツが主流となってきた今、たった5バーツの差だけど、なんだか得した気分。
セコイ。

食後、ソイパタヤランドソイヤマトまでぐるぐるとお散歩。

昼間からバービアでだらだらしている沈没系ファランが多い。
すでにオープンしているゴーゴーバーまであるし。

そう言えば、このエリアのゴーゴーバーには一度も入ったことがない。
たぶん、妖怪屋敷だろうと勝手に決めつけているのだが、食わず嫌いは良くない。
何事もチャレンジである。

オブセッション・キトゥンクラブ

でも、まあ、この辺りのやさぐれた雰囲気は好きだな。
通りがかりのマッサージ屋に意外と若くてかわいい子がいた。
声かけておけばよかった。
今度、夜にでも出かけてみよう。

(夜の部へのつづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

パタヤビーチ看板バレンタイン

ゴーゴーバー好き友人帰国。7泊で計5発。でもパタヤの魅力はそれだけじゃないよね。

22日目 ソイ6コーナーバーとソイ7のハピネスゴーゴーが取り壊し 本日が最終日となるゴーゴーバー

記事を読む

ビリヤード台

やっぱりバービアで過ごすのがパタヤ沈没スタイル

(49日目つづき。夜の部) パタヤの夜を楽しめるのは、本日と明日のみ。 昨晩は久々にペイ

記事を読む

元バービア嬢F2

21歳の元バービア嬢と再会。ちょっと淡白なブンブン。

沈没生活3日目 現在のパタヤは夜間とても涼しい。 寝るときはエアコン要らず。 しかも布団を

記事を読む

シーシャ

夜のソイボンコット散策。奢ってもらったビールとシーシャで酔いが回る。

43日目 昨晩は少々飲み過ぎたようだ。 変な角度で寝ていたせいで、首が痛い。 左右に振るに

記事を読む

ソイ6-2

友人二人がパタヤへ。パタヤ初心者をまずはソイ6へ連れて行く。

11日目 前夜ペイバーしたバービア嬢を宿の一階まで見送る。 見送りに行くことをタイ語で「パイ

記事を読む

ソイエキサイト食堂2

ソイエキサイトの新食堂。ビリヤードに勝ち、ムーカタに負けた夜。

23日目 友人2人はバンコクへ。 エカマイ行きのバスも少し値下げになったようだ。 ソイレン

記事を読む

バービア嬢31歳

21歳と31歳のバービア嬢と飲む。バービア遊びの楽しみを再実感。

40日目 逆ペイバー嬢とは、少々不本意な結果に終わったけれど、実はそれほど気にしていない。

記事を読む

カツカレー屋台

パタヤ、幻の日本式カツカレー屋台を探せ。バービアで大暴れするアラブ人。

カツカレー屋台よ、いずこへ? 昨日、ソイブッカオでたまたま見つけた日本式カツカレー屋台が気になって

記事を読む

ソムタム

ブッカオのバービアで今回初のペイバーするも不発におわる

(10日目つづき) まだまだ続くバービアめぐり ノースパタヤのバーめぐりを終え、ソイ6からソンテ

記事を読む

エアポートクラブ

久しぶりに入ったエアポートクラブは、馬鹿騒ぎ健在でやっぱり楽しかった。

(夜の部つづき) ウォーキングストリート 夜、再合流して3人でウォーキングストリートへ。

記事を読む

アドステア

アドステア

Ginza
ギンザ閉店と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

Tesco lotus south pattaya (5)
テスコロータスのフードコートのカオパットベーコンがおいしい

カオパットとは、タイの焼き飯のこと。 カオがご飯、パットが炒める

→もっと見る

PAGE TOP ↑