*

パタヤ昼散歩。ソイ15からベイウォーク、ソイポストオフィスまで。

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 2015年1月~3月パタヤ沈没日記 , ,

昼間。
昼飯を求めて、ブッカオをぶらぶら。
そのまま、ふらふらとセカンドロードのソイ15に入ってみる。
白昼の夢遊病者のようなものである。

セカンドロードソイ15

このソイは、ブッカオとセカンドロードを結ぶ裏道的な存在だ。
ウォーキングストリートからブッカオ方面へ帰る時に、バイタクやチャーターソンテウが抜け道としてよく使っている。

ブッカオ側のソイ15入り口
ブッカオソイ15

まっすぐ進んで、ちょうど曲がり角のあたりが、パタヤアヴェニューの裏口となる。
ホテルとコンドミニアムが並ぶ閑静なエリアだ。
特に新築のコンドミニアムは見るからに豪華。
パタヤ中心部にあって、この豪華さと利便性はなかなかない。
あとはバービアとカラオケが数軒ある程度。
セカンドロード側は思いっきりローカルな雰囲気になるけど。

Angels buffet bistro and grill

パタヤアベニュー裏口からセカンドロード方面へ少し歩いたところにあるレストラン「ANGEL’S」。
前は違う店だったような気がするが、ビュッフェを始めていた。

ANGEL'Sレストラン

朝食が119バーツ 8時から12時
ディナーが299バーツ 18時から22時半

HP
Angels
http://www.angelspattaya.com/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/angels.pattaya

ちょっと調べてみると、オーナーはイタリア人。
イタリアン料理をメインに、ヨーロッパ料理を取り揃えているようだ。
ビュッフェのメニューは毎日変えているようで、食に対するこだわりが感じられる。
大味で画一的なホテルの朝食バイキングに飽きたら、訪れてみるのも一興か。
わたしはディナーで使いたいところだけど、予算的に考えて、やっぱり無理。

NETA RESORT

NETARESORT

おや、こんなホテルの看板。
NETA RESORTとある。ネタリゾートか。

調べてみると、こちら。

netaresort
http://netaresortpattaya.com/

84室ある中規模のホテル。
直接予約で一泊1500バーツ程度。

こんなホテルあったかなと思いきや、バリタヤリゾートホテルのことのようだ。

ソイ15からブッカオ沿いにある二階建てのバービア群への抜け道の途中にあるホテルだ。
ここは以前からあるので、新築ホテルでも何でもないな。
名前だけ変えて、客寄せのネタにしているのかね。

ソイ・ベイウォーク

そのまま、ぶらぶら歩いて、セカンドロードを渡る。
パタヤ・シティウォークへふらふらと進入。
人によっては、この通りをソイベイウォークと称したりもする。

ベイウォーク

ベイウォークレジデンスアヤブティックホテルといった日本人に人気のホテルがあるせいか、日本人の姿を多く見かける。それも3,4人のグループが多い。
単独行動者の多いブッカオ界隈とは雰囲気がだいぶ違うなあ。

通りの露天もカラフルかつオシャレだし。
物価は少々高そうだけど。

日本食レストラン「獏」

焼肉獏

溶岩焼肉、囲炉裏料理、海鮮、牛もつ鍋、カレーライス!

うーん、久しぶりにまともな日本語の看板を見たような気がする。
そう言えば、この1ヶ月まともな日本食を食べていない。
溶岩焼肉とは言わないけれど、せめてカレーライスくらいは食べてみたい。
が、やはり予算の都合上、どうしても無理。

すごすごとベイォークを後にする。
ウォーキングストリートまでは余裕の徒歩圏内だし、短期滞在者が利用するにはとても便利な場所なんだけど。

ソイポストオフィスの屋台で昼食

ソイポストオフィス

ソイポストオフィスの屋台

で、ソイポストオフィスの薄汚れた屋台で昼食となるのは、貧乏滞在者の宿命。
今日も今日とてガパオムーサップカイダーオ。

ソイポストオフィスのガパオムー

ちょっと安くて45バーツ。
50バーツが主流となってきた今、たった5バーツの差だけど、なんだか得した気分。
セコイ。

食後、ソイパタヤランドソイヤマトまでぐるぐるとお散歩。

昼間からバービアでだらだらしている沈没系ファランが多い。
すでにオープンしているゴーゴーバーまであるし。

そう言えば、このエリアのゴーゴーバーには一度も入ったことがない。
たぶん、妖怪屋敷だろうと勝手に決めつけているのだが、食わず嫌いは良くない。
何事もチャレンジである。

オブセッション・キトゥンクラブ

でも、まあ、この辺りのやさぐれた雰囲気は好きだな。
通りがかりのマッサージ屋に意外と若くてかわいい子がいた。
声かけておけばよかった。
今度、夜にでも出かけてみよう。

(夜の部へのつづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

カノムチン

カノムチンと、部屋へ遊びに来たバービア嬢

41日目 昼飯はカノムチン そうめんのような米麺をカノムチンという。カノムジンとも表記できるかな

記事を読む

フルーツ屋台

パタヤラストナイトもバービア。でも水と栄養ドリンクとフルーツで過ごす。

50日目 パタヤ滞在残り一日。 パタヤの夜を楽しめるのも今日が最後。 でも悲しいかな下痢に

記事を読む

ソイハニー

ソイハニー。想定外のスペシャルマッサージで一発抜かれてしまう。

(21日目つづき) 下痢気味だし、ビールもそこそこに、もう今日はいいかと、大人しく帰るつもりだ

記事を読む

パタヤ看板

2015年1月~3月パタヤ50日夜遊び生活終了。滞在費と夜遊び代のまとめ。

ほぼ2ヶ月、正確には50泊51日にわたるパタヤ夜遊び沈没生活が終了した。 毎度恒例となりつつあ

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

ブッカオ

バービアを放浪するもペイバー難民と化す

12日目 そろそろホテル代の支払いを催促された。月極めを一括払い。 ホテル代は先払いが普通だ

記事を読む

虫料理屋台

イミグレと魚の干物と焼き肉とコオロギと。今宵のビールはうまい。

27日目 パタヤのイミグレーションで手続きあれこれ そろそろノービザ入国での滞在期限30日が迫っ

記事を読む

焼き鳥屋台2

ビール三昧のパタヤバービア沈没

沈没生活7日目 友人二人はパタヤを離れ、プーケットへ。 友人のタイ彼女は田舎へ戻るそうな。

記事を読む

Mちゃんの寝姿

18歳Mちゃんを部屋へ連れて帰るものの淡白なブンブン

30日目 バレンタインナイトから一夜が明けて、平常運行のパタヤ。 1月はかなり涼しかったけれ

記事を読む

コヨーテバービア

ソイ6からドリンキングストリートまで、ノースパタヤの夜遊びスポットめぐり

パタヤ沈没10日目 本日の昼飯 なんとなくコンビニ弁当を選択。 魚のチリソース炒めご飯

記事を読む

アドステア

アドステア

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑