*

久しぶりに入ったエアポートクラブは、馬鹿騒ぎ健在でやっぱり楽しかった。

(夜の部つづき)

ウォーキングストリート

夜、再合流して3人でウォーキングストリートへ。

H氏の彼女は部屋でお留守番。
夕方、きちんとお勤めは果たした上での単独ウォーキング訪問。いらぬ嫌疑をかけられないようにするのも大変だ。

まずは食事。
現地食の大丈夫なメンツなので、屋台群へ。
マリーンシーフードの裏手にあるローカルな屋台。
出勤前や休憩中のタイ人がメインの客層で、とてもリーズナブル。
ビーチクラブ前の屋台群よりもさらに安い。

H氏のリクエストでバミーナムを注文。40バーツ。

ウォーキングストリートの屋台飯バミー

ここのバミーは、かなりかわっている。
なんというか薬膳スープのような味だ。
具材も鳥のもも肉が骨ごと入っている。
これはこれでうまい。

というか、3日連続で夕食にバミーを食べている。
まあ、それぞれ味付けが違うし具材も違うのでよしとするか。

またしてもバカラ

バカラ

やはりパタヤのゴーゴーバー初心者を最初に連れてくるなら、ここバカラとなる。

知人はプーケットで何度も夜遊びした経験があるけど、ゴーゴーバーには入ったことがないらしい。これが初めてのゴーゴーバーだ。
バカラのダンサーの外見の質は高いけど、トップレスボトムレスのダンサーがおらず、ダンス自体もただ体を揺らしているだけ。
ゴーゴーバーの圧倒的迫力を感じさせるには、ちょっと方向性が違う。
ウィンドミルとかスパンキーみたいな、ヘンタイゴーゴーバーのほうがおもしろかったかも。
まったくのタイ夜遊び初心者なら、バカラでも充分な迫力だと思うけど。

わたしは数日前に来たばかりなので、あまり感動なし。
退店と入れ替わりに、知り合いのダンサーが出勤してきた。
遅いよ。

エアポートクラブ AIRPORT CLUB

エアポートクラブ

久しぶりに入った。
たぶん4年ぶりくらいじゃなかろうか。
この店がオープンした当初は、よく遊んだものだ。
奥のシャワーブースや全裸ダンサーが棒を持って仁王立ちしているステージ付近で馬鹿騒ぎすると実に楽しかった。
もうそんな遊び方をしなくなって久しい。
いまは、ただチビチビと安いドラフトビールをなめながら、ダンサーをガン見するだけのケチくさい遊び方だ。
どうせゴーゴーバーではペイバーしないし。

そんな久々のエアポートクラブ。
いやあ、なかなかのレベルの高さ。
日本人・韓国人向けのバカラとはまた違った雰囲気だけど、質はかなり高い。
さすがエアポートクラブ。

接客も積極的だ。
ガンガン寄ってくる。
大盤振る舞いの友人二人。
特に初心者の知人は、コヨーテ二人に挟まれて、次々とドリンクを奢っている。
レディドリンク170バーツ
たっかいねえ。
でも、断りきれず、ついつい追加を許してしまうようだ。
3人のダンサーにそれぞれ5杯ずつくらい。
わたしは、寄ってくるコヨーテやダンサーを切って捨て、ドラフトビール80バーツを飲むだけ。
たぶん、こういう店ではかなり嫌われるな。
バカラは意外と飲むだけでもオッケーな雰囲気があるけど。

レディンドリンクを奢りまくった二人のお会計は、合計3,000バーツ越え
いやあ、貧乏長期滞在者には到底真似の出来ない遊び方。

バーファインは、1000バーツと1500バーツ。
12時をまわると1000バーツ。
コヨーテへのチップが、ショート3000バーツ
ダンサーはショート2500バーツでオッケーとか言っていたけど。
元々、このエアポートクラブは綺麗どころが多く、数年前でもショート3000バーツ以上と言われることがあったから、別段驚かないけど、それにしてお高いことで。

さすがに、ここではペイバーをあきらめて、撤退する知人。
友人H氏は、部屋で彼女が待っているので、当然ペイバー不可。あやうく、ヤリ部屋へ行きかけていたけど。

エアポートクラブはいまだ健在であった。
ある程度金銭的余裕のある短期旅行者が大騒ぎして、そのままのノリでお持ち帰りして遊ぶには、うってつけのゴーゴーバーであることに間違いない。
どれだけ散財するかは、あなた次第。
楽しむ気概と断る勇気の両方が必要だ。
うまく立ち回れば、最上の気分が味わえるだろう。

バービアでパタヤは夜は更けていく

ソンテウに乗ってソイ10まで戻る。
ソイ10のバービア群で焼き鳥をつまみに軽く飲む。
すでに時刻は深夜1時。

25歳のわりと整った顔立ちのバービア嬢がいた。
パタヤ初心者の知人が迷った挙句にお持ち帰り。
エアアジアの深夜便で到着して、しかも昼間にソイ6で一発抜いている。
年齢は50代後半。
元気だねえ。
わたしには真似できん。

ここで二人とはお別れ。
わたしは部屋への帰り道、ブッカオのなじみのバービアでビールを一本だけ飲む。

ここでオーストラリア人の友人と久しぶりに再会した。
もう仕事は引退しているから、おそらく60歳前後だろうけど、この人も元気だ。
ビーチロード沿いにあるコンドミニアム暮らし。家賃月2万バーツ。
タイ彼女と別れて、今は気楽な独り者生活を謳歌しているそうな。
これまたうらやましい話で。

「タイ女性と結婚するつもりはないの?」

「一度失敗しているから、もう結婚はしない。新しいガールフレンドは、そのうち作るかもしれないけど、今は急いでいない。サバーイサバーイさ」

楽しそうな老後だなあ。
引退したファランがタイで余生を過ごしたくなるのも道理。
ある程度カネがあればファランにとってパタヤは天国だ。

わたしは今夜も一人寝。


関連記事

ソイハニー

ソイハニー。想定外のスペシャルマッサージで一発抜かれてしまう。

(21日目つづき) 下痢気味だし、ビールもそこそこに、もう今日はいいかと、大人しく帰るつもりだ

記事を読む

つまみのフライドポテト

バービアめぐりで新人バービア嬢と休日ゴーゴー嬢に出会う

16日目 昼食は唐揚げパーティ 前夜ペイバーしたバービア嬢を見送ってから、部屋でのんびり過ごす。

記事を読む

焼き鳥とカオニャオピン

中華弁当と焼き鳥屋台。バービア嬢から逆ぺイバーを迫られる。

38日目 昼飯は中華弁当 食選びに面倒になった時、重宝するのがコンビニ弁当。 意外とメニューも

記事を読む

ソイ6-2

友人二人がパタヤへ。パタヤ初心者をまずはソイ6へ連れて行く。

11日目 前夜ペイバーしたバービア嬢を宿の一階まで見送る。 見送りに行くことをタイ語で「パイ

記事を読む

ウォーキングストリート2015

屋台のガパオムーとFUJIのトンカツ定食。タイ彼女つきの友人とゲイの友人、来たり。

沈没生活5日目 本日の昼食 屋台のガパオライス。 ガパオムーサップカイダーオドゥアイ。 ムー

記事を読む

シーシャ

夜のソイボンコット散策。奢ってもらったビールとシーシャで酔いが回る。

43日目 昨晩は少々飲み過ぎたようだ。 変な角度で寝ていたせいで、首が痛い。 左右に振るに

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

バービア嬢

ノースパタヤからブッカオまでバービアめぐり。最後は22歳をペイバー。

(48日目続き) ドリンキング・ストリート ナックルアのバービア捜索を終えて、ノースパタ

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

焼き鳥屋台2

ビール三昧のパタヤバービア沈没

沈没生活7日目 友人二人はパタヤを離れ、プーケットへ。 友人のタイ彼女は田舎へ戻るそうな。

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑