*

パットママーとマリーンシーフード

沈没生活6日目

パットママームー

本日の昼食はパットママームー。
昨日と同じ屋台で注文した。

パットママー屋台

インスタント麺を使った豚焼きそば。40バーツ。
パッ(ト)が炒める、ママーがインスタント麺のこと、ムーが豚肉。

パットママームー

具だくさんで思いのほかボリュームがある。
ジャンクフードな感じだけど、キャベツ、人参、たまねぎ、チンゲンサイ(?)など野菜たっぷりだ。
ソース味。日本のウスターソースではないけど、特に違和感なく食べられる味付けだ。辛さはあまりなく、ピリ辛程度。
意外と好きなメニュー。ちょっと野菜が多すぎる気がするけど、ビタミン補給にはいいかもね。
豚肉以外でも、イカやエビ入りなど注文可能。「パットママータレー」といえば、シーフード焼きそばの出来上がりだ。

マリーンシーフード

夜は、友人二人+タイ彼女の3人と合流して食事。
ウォーキングストリートの裏手にある、MARINE SEAFOOD(マリーンシーフード)へ。

マリーンシーフード2

ウォーキングストリート夜遊びでの定番レストラン。
安いシーフードならここだ。
ウォーキングストリート沿いにあるナンヌアルなどは、海辺にあって雰囲気はいいけど、値段もかなり高い。
ペイバーした女性に連れて行かれて、さらにロブスターでも注文されたた日には、涙が出そうなほどの請求書がまわってくる。
でも、マリーンシーフードなら、まあ大丈夫。財布にやさしい価格設定。
こっちへ行こうとわざわざ誘ってくれる女性なら、夜も安心して過ごせそうだ。

夕方6時半頃なのでまだ店内はガラガラ。夜遅くなると同伴カップルで賑わうようになる。

マリーンシーフード1

あまりタイ料理が得意ではない友人二人も、シーフードなら食べられる。
リクエストは貝とエビ。
わたしと友人の彼女が中心になって料理をセレクト。

ホイケーン、ホイラーイ、ヤムタレー(シーフードサラダ)、エビの炒めもの、巨大なカオパットなどなど。

マリーンシーフード食事1

ホイケーンは、小さな貝。(写真上部)
口が閉じてあるので、自分で開けて中身を食べる。お好みでタレ(ナムチム)をつけて食べる。
正直、ここのホイケーンの身は今ひとつだったが、アタリを引いた時は、貝を開く手が止まらなくなってしまう。
パタヤ中心部の屋台でもよく見かけるので、バービアのおつまみにもどうぞ。
100グラム単位の量り売りだ。

ホイラーイは、あさり。(写真下部)
いろいろな調理方法があるけど、オイスターソース炒めが定番かな。あまり辛くなく、ご飯がすすむ味だ。
あさりの身がちょっと痩せていて食べごたえがなかったのが残念。

ヤムタレーは、エビとイカ入りのサラダ。(写真上部右)
唐辛子がまぶしてある。レタスに辛子がへばりついていることが多く、勢い良くレタスを丸ごと食べると、口から火を吹くことになる。うまく辛子の量を調整すれば、けっこうイケる。

マリーンシーフード食事2

それにしても、ここのカオパットの大盛りは巨大だ。
でも、普通においしい。
ごはんがパサパサすぎず、かといって団子状に固まってもおらず、ちょうどいい塩梅の炒め方。
シンプルながら飽きのこない味付け。
4人でも食べきれない量だと思っていたけど、最後は完食してしまった。

あと、ビール2本と水1本。
これでしめて970バーツ。
一人あたり250バーツ。

ごちそうさまでした。
やっぱりシーフードはおいしいよね。
日本から友人がやって来て一緒に食事すると、メニューのバリエーションが増えて実に助かる。
毎日毎日屋台料理ばかりだと、さすがに飽きてしまう。

でも、わたしが一人でウォーキングストリートで食事をするなら、このマリーンシーフードレストランの裏手にあるローカル屋台群になってしまうんだけど。
ここでぶっかけ飯かクィッティアだな。40バーツもあれば食べられるぞ。

格安屋台群

 

あと蛇足情報として、マリーンシーフードのすぐ横に、新しいレストランがオープンしていた。
SAENGCHAN KITCHEN(セーンチャンキッチン)
SAENGCHAN KITCHEN

ちょっとオシャレな外観。
店頭にシーフードが陳列してあるから、ここもシーフードメインかな。
値段は不明。

 

食後、ウォーキングストリート沿いのバーで軽くビール。

ゲイの友人は、一人でボーイズタウンへ消えていき、ノンケの友人のタイ彼女は先に部屋へ戻る。

せっかくウォーキングストリートに宿泊しておきながら、この友人は今回まだ一度もゴーゴーバーに入っていない。
これではいかんだろ。タイ彼女が部屋へ戻った今しかチャンスはない。
というわけで、つかの間のフリーとなった友人とゴーゴーバーへ遊びに行くことにしたのだった。

(つづく)


関連記事

ビーチロード屋台カブドガニ売り

ビーチロードのカブトガニ、ソイヤマト、新人バービア嬢、最後はLKメトロでイカチュー

(42日目続き) ノーティーガールで20歳のかわいいスレンダー嬢と再会してから、ウォーキングス

記事を読む

バービア嬢

最後のペイバーで大当たりを引く。が、最後の最後に悲劇が…

(49日目夜の部つづき。注意。当記事には一部、下半身関連の下品な表現が登場します。苦手な人は他のサイ

記事を読む

エアアジアドンムアン 004

旅立ち。エアアジアでバンコクへ。イミグレーションで少し揉める。

寒すぎる日本にうんざりしてきた。 こたつでみかんもいいけど、バービアでソムタムが恋しくなった。

記事を読む

テキーラローズ

元バービア嬢姉さんに飲まされた夜。性格とスタイルの良いバービア嬢にフェーンができていた。

パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入した。 あと一ヶ月弱あるが、特にやることに変わりなし。 いつもどお

記事を読む

ハピネスコーナーバー

旧正月のパタヤはいつもどおりのバービア沈没。ドラゴン飛翔せず。

34日目 幸いにも下痢は大したことがなかった。 軽い食あたりだったのだろう。 薬を飲む必要

記事を読む

ビリヤード台

やっぱりバービアで過ごすのがパタヤ沈没スタイル

(49日目つづき。夜の部) パタヤの夜を楽しめるのは、本日と明日のみ。 昨晩は久々にペイ

記事を読む

虫料理屋台

イミグレと魚の干物と焼き肉とコオロギと。今宵のビールはうまい。

27日目 パタヤのイミグレーションで手続きあれこれ そろそろノービザ入国での滞在期限30日が迫っ

記事を読む

ソイハニー

ソイハニー。想定外のスペシャルマッサージで一発抜かれてしまう。

(21日目つづき) 下痢気味だし、ビールもそこそこに、もう今日はいいかと、大人しく帰るつもりだ

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

PPマッサージ

いつもと変わらぬパタヤ沈没生活

パタヤ8日目 本日の昼飯 ブッカオの市場でぶっかけ飯。 節約生活の強い味方だ。 メニュー

記事を読む

アドステア

Comment

  1. sawa より:

    pattayan nightさん、毎日の更新お疲れ様、
    そしてありがとうございます、 

    2,3年程前はソイブッカーオのマリンシーフードへ良く行ったんですが今は閉まってしまいましたね。

    • pattayan night より:

      ブッカオのマリーンは閉店しちゃいましたね。
      ブッカオ界隈で生け簀を備えたようなシーフードレストランはあまり見当たりません。ウォーキング近辺とは客層が違うからでしょうかね。
      もちろん、普通のレストランでも海鮮メニューはあるのですが。

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑