パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

パタヤでボーリング、blu-O@Pattaya Avenue

投稿日:2017年3月1日 更新日:


先日のこと。
日本人男子3人、タイ女子2人の計5人で、どこへ遊びに行こうかと相談の結果、なぜかボーリング場に決定。
タイガールの一人はボーリング未経験。

向かった先は、パタヤアベニューの3階にあるボーリング場。
わたしは、これがパタヤで初ボーリングとなります。

SPONSOR LINK



blu-O ボーリング

パタヤアベニュー(PATTAYA AVENUE)
Pattaya Avenue

エスカレーターで3階へ。映画館の隣がボーリング場となっている。カラオケボックスもあるみたい。

Bowling pattaya avenue

ボーリング場の名前は「blu-O RHYTHM & BOWL」

夜は淡いライトが茫漠と浮き上がっていて、いささかムーディな雰囲気である。

Bowling bluo pattaya avenue (1)

レセプションで申し込む方法は日本と同じ。
人数、レーン数を伝えて、プレイヤーの名前を紙に書く。

料金表
Bowling bluo pattaya avenue (3)

さらに日本語での説明書きもある
Bowling bluo pattaya avenue (2)

1ゲーム160バーツ。シューズレンタル50バーツ。靴下70バーツ。

靴下は必ず持参しよう。裸足でレンタルシューズは履かせてもらえない。
靴下がない場合は、必ず購入もしくはレンタルしなくてはいけない。レンタル靴下ってのも気持ち悪いし、購入する羽目になる。

サービス税が別途10%。
1ゲームするだけでも、230バーツほどかかる。日本よりも割高かも。

靴のサイズをこんなもので計測すると、係員がシューズを渡してくれる。

Bowling bluo pattaya avenue (4)

あとは日本と一緒。

Bowling bluo pattaya avenue (5)

自分の好きな重さのボールを選んで、投げるだけ。
スコアも全自動で付けてくれる。

Bowling bluo pattaya avenue (6)
場内はすごく綺麗でぴかぴか。
日本の一般的なボーリング場よりも高級感があって、雰囲気はいい。

レーンの後方はソファーまで用意されている。

Bowling bluo pattaya avenue (7)

まるでラウンジみたいだ。

客層は、外国人メインで、ちょっと金持ちそうなタイ人ばかり。
タイでボーリングはまだまだメジャーで大衆的な遊びではないのかも。
ボーリングをしたことがないイサーン出身者は多いです。

Bowling bluo pattaya avenue (8)

レーンは綺麗なのだが、投球する床のすべりが悪い。足の裏が床にひっかかって、ちょっと投げにくい。

ボーリングが初めてのタイ女性は、かなり素質があるようで、いきなりスペアやストライクを出していた。
大したもんですね。

ひさしぶりのボーリングとなったわたしは、思わず負けそうになってしまった。情けない。

2ゲームする予定が、1ゲームだけで終了。
おじさんたちには酷な運動であった。

会計も日本と同じ。
レーン番号を伝えて、まとめてお支払い。
この時にリクエストすれば、スコアシートがもらえる。
英語でも普通に「スコアシート」と呼ぶみたい。

ボーリングが初めてのタイガールへ記念のプレゼントとしました。

なお、ボーリング場ではドリンクやフードのオーダーも可能。カクテル系が198バーツ。高い。
別にドリンクのオーダーは必須ではない。
日本語を話すおじさんがしきりにオーダーを取りにきていて、ちょっとうるさい。

ただし、その日本語を話すおじさんが、帰り際にボーリングとカラオケの割引券を配っていた。20%オフだったかな。

まあ、いい経験になりました。
もちろん、翌日と翌々日は筋肉痛になったとさ。

パタヤのボーリング場

地図

blu-o以外にもパタヤにボーリング場がある。

SF-STRIKE BOWL

central1

セントラルフェスティバル(通称センタン)6階の映画館横。
値段の確認はしていないが、おそらくblu-oと同じ価格帯だろう。
ボーリング場の奥に海を見下ろせる喫煙所があって便利。

P.S.BOWLING

PSボーリングプラザ (2)

セカンドロードとパタヤカンの交差点に建つPSプラザ(旧トップスマーケットの上)のボーリング場。

エレベーターで3階へ。

PSボーリング Bowling (2)

入り口
PSボーリング Bowling (1)

ここで実際にプレイしたことがないので詳細は不明。
2017年8月時点で営業しているのは確認している。

PS bowling

FBページによれば、平日に昼間は1ゲーム70バーツ、夜が80バーツ。土曜祝日が90バーツ。
シューズレンタルが40バーツ。
このとおりだとすると、blu-oの約半額で遊べることになる。

 

以前は、ノースパタヤのセカンドロード沿いにボーリング場があったが、潰れてしまった。

ひょっとして他にもボーリング場があるかもしれないが、わたしが知っているのはこの3つだけ。

低予算重視でボーリング遊びをするなら、PSプラザが良さそう。
雰囲気重視ならblu-oかセンタンで。

サンダルで過ごすことの多いパタヤですが、ボーリングへお越しの際は、靴下をお忘れなく。

SPONSOR LINK

-プチ情報・便利帳

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.