パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2016~2017年末年始パタヤ沈没日記

24歳新人バービア嬢をロングでペイバーするも…

投稿日:

沈没日記19

21歳バービア嬢をイケメン若ファランにさらわれた翌日。
今日こそは誰かをペイバーしたい。
それもロングでのペイバーがいい。

最近はずっとショート遊びが続いている。
コヨーテ嬢にしても18歳バービア嬢にしてもショートオンリー。
パタヤの夜遊びの醍醐味は、やっぱりロングでしょう。
のんびりと部屋で過ごしたり、昼過ぎまで一緒に寝たり、そのままデートに出かけたりと、これぞタイならではの遊び方。
それにはバービアが最適。
バーファイン300B、チップ1500Bで遊ぶことができる。

21歳はファランにさらわれたが、トイレに行く時に同じバービア群でちょっと気になるバーバア嬢を発見していた。
これまで見かけたことがない。服装もドレスとか煽情的なものでなくて、普通のもの。化粧も控えめ。ほぼ間違いなく新人嬢だな。
この時は目線を少し合わせて挨拶しただけ。
よし、このバービア嬢に会いに行こう。

新人バービア嬢をペイバー

時刻は夜10時過ぎ外出。
まずは、軽い知り合いのバービアのパーティへ顔を出す。

パーティフードを少々。カレーがおいしい。豚の丸焼きは今ひとつかな。焼きが甘いような。

beer bar party food

ほどほどで切り上げて、彼女のバービアへ。
ちゃんと出勤していて、ペイバーもされていないようだ。
昨日顔を会わせたことも覚えてくれている。

横についてくれて、自己紹介から。
彼女は24歳。見た目はもうちょっと若いかと思っていたが、意外と上だった。
予想通り、パタヤへ出てきて、まだ3日だという。
前職は実家のあるイサーンのレストランで働いていたそうだ。
子どもが一人。
スタイルは崩れていない。

ドリンクの催促はまったくなかったので、こちらから切り出して進呈したほど。
スレはまったくない。

彼女の口数は少ない。
でも、目が合うとにっこり微笑んでくれる。
いつの間にか距離が縮まっていき、彼女から体を寄せてくるようになってきた。といっても、足をぴたっとくっつけるだけのもの。

こういうタイプは、判断が難しい。
冷凍マグロの可能性もあるし、情熱的なプレイをする可能性もある。たぶん、両極端だ。
でも、わが直感はアタリだと告げている。
過去の経験上、間違いない。

よし、ペイバーだ。
システムがよくわかっていない彼女のかわりに、別のおばちゃんバービア嬢が話にわりこんできた。
最初の言い値はロング2000B。
1500とわたしが言うと、おばちゃんが彼女に伝えて、すぐに了承を得る。
仲介役なんていらないのにね。

無事にペイバー確定。バーファインは300バーツ。
そのまま部屋にお持ち帰り。

大当たりブンブン

予想通り、大当たりだった。

Beer bar lady

部屋に入るなり、ものすごく強い力で抱きしめてきた。しかも鼻息が荒い。
恥ずかしがりながらも一緒にシャワーを浴びる。
ベッドに戻ると、もう我慢できないとばかりに、押し倒された。
上から下へと遠慮ない口撃だ。

ここまで積極的だとは、予想を越えている。

ついで攻守交代。
下のオケケは手入れしておらずジャングル状態。
ジャングルの奥は洪水状態。
まるでアマゾンの源流のごときだ。

ツンデレ爆発といったところか。

大満足でフィニッシュ。

事後は、服を着ることなく、素っ裸のまま抱きついてくる。

うーん、まだまだ素人要素が強く残っているなあ。これからプロの夜の女性へと変化していくに違いないが、今はこの素朴さを大事にしよう。

心地よい疲れと精神的充足感と裸の彼女を抱きかかえながら、就寝。
明日の朝が楽しみだ。

が、悲劇はここから起こるのだった。

連続嘔吐

夜中に、急激な胸焼けがして目が覚める。
腹も少々痛むが、胸焼けがひどい。
我慢できず、トイレに駆け込むと、壮絶に戻してしまった。

吐いてしまうと、いささかすっきりして、ベッドに戻る。
心配そうな彼女だが、また抱きついてくるんで、そのまま眠る。

で、2時間ほどすると、再び急激な吐き気に襲われる。

これが、朝までに計3回。
さらに下痢にもなっている。固形物がなくなると、水状態のものが排出されるようになった。

ああ、これは、何か食べ物か水に当たったに違いない。
晩飯に食べた屋台飯かパーティのフリーフードだろうか。さっぱりわからないが、暴飲暴食続きだったから、胃腸も弱っていたに違いない。

せっかく、大当たりを引いたのに、こっちのほうでも当たるとは。
ついているやら、いないやら。

彼女は朝11時くらいまで一緒にいてくれた。
もちろん、朝の一発などできる状態ではない。
約束どおり1500Bのチップを渡して、宿の下までお見送り。
ちょっと残念だが、またペイバーすればいい。

今はこの体調を回復させることが最優先。
が、彼女のお見送りしただけで、さらに体調が悪化。
部屋に戻ることすらできず、宿のトイレへ駆け込み、また吐いてしまう。もう胃液しか出ない。つらい。
本来なら別の液体を射出しているはずだったのだが無念である。

買い置きしてあった薬を飲んで、もう一度眠りにつく。もう無理。死にかけ。

なんだか、波乱万丈の一夜だった。
こんなロングでの過ごし方は、遠慮したいなあ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2016~2017年末年始パタヤ沈没日記
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.