*

「 小説 」 一覧

娘をもとめて20年~マンゴーレインズは感動の実話小説

MANGO RAINS by Daniel M.Dorothy パタヤ地元英字新聞「PATTAYA MAIL」の編集者ダニエル・ドロシーが実話を元に書き下ろした小説。 簡単なあらす

続きを見る

ロンドンで働くタイ人エスコート嬢の秘密日記。Diary of THAI Escort

「Diary of THAI escort」 by Anonymous ある事情からタイの故郷にいられなくなり、ロンドンのエスコートクラブで働くようになったタイ人女性の日記という体裁をとった

続きを見る

ファランによるタイ夜遊び小説の決定版「プライベート・ダンサー」

2015/03/08 | 小説

「PRIVATE DANCER」by Stephen Leather 裸の後ろ姿に黒い長髪。背中にまわした手にはカミソリを隠し持っている。 まさにタイのバーガールを象徴する表紙だ。

続きを見る

英国紳士ファランのタイランド大冒険 FARANG!

「FARANG!」 by David Thompson イングランド在住、バツイチの小学校国語教師の英国紳士がプーケットへ休暇に行く小説。 なんと直接的なタイトルか。 はじめて訪れる

続きを見る

ファラン怒りのパタヤ。 A FARANG STRIKES BACK

「A FARANG STRIKES BACK」by LOUIS ANSCHEL 直訳すれば、「あるファランは逆襲する」 パタヤ洋書で初めて読んだ小説がこれだ。 理由は、分量が少なくて

続きを見る

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑