*

「 ノンフィクション 」 一覧

わたしの名前はエリ。ジャパゆきタイ女性の現実やいかに?

「I AM ERI MY EXPERIENCE OVERSEAS」 by Thanadda Sawangduean タイトルが「わたしはエリ 海外での体験」 副題が「性的労働者になることを運命

続きを見る

タイ・バンコク私立探偵の告白。浮気調査に気をつけろ。

Confessions of a Bangkok Private Eye by Warren Olson and Stephen Leather タイで長年にわたり私立探偵をやっているウォー

続きを見る

ファランによるタイ風俗嬢へのインタビュー集「パタヤの天使たち」

「ANGELS OF PATTAYA」by G.T.Gray これはファランによるタイ売春婦たちへのインタビュー集だ。 タイトルはパタヤの天使たちと謳っているが、取りあげている女性たち

続きを見る

パッポンに売り飛ばされ13歳から働かされた少女の物語。ONLY 13

「ONLY 13 The True Story of Lon」 by Julia Manzanares&Derek Kent タイのバーや風俗店で知り合った女性と仲良くなれば、身の上

続きを見る

バンクワン刑務所へようこそ THE DAMAGE DONE

「THE DAMAGE DONE」 by WARREN FELLOWS 時は90年代後半。場所はバンコク、カオサン通り。某ゲストハウス。 ラオスを旅行中に知り合った日本人に教えられて初めて

続きを見る

ファランによるタイ女遊び指南書。SO MANY GIRLS!

「SO MANY GIRLS! SO LITTLE TIMES!」by Chuck Wilson 初めて手にしたタイ夜遊び洋書がこちら。 理由は、表紙がタイレディの写真で、中にもカラーピン

続きを見る

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑