*

「 エッセイ 」 一覧

バンコク夜遊び最新情報2015年2月。パタヤとバンコクをちょっとだけ比較してみる。

2015/02/18 | エッセイ

パタヤからバンコクへ向かった友人のバンコク夜遊び情報をいくつか紹介。 この友人は、最初にタイの夜遊びを知ったのは、ご多分に漏れずバンコクから。 が、その後にパタヤを知り、現在ではパタヤ

続きを見る

スーパーガール閉店(?)について思うこと

ここ最近、珍しくウォーキングストリートへ顔を出す機会が多い。 すると、夜だというのに、ソイダイヤモンドにあるスーパーガールから灯りが消えているのが気になった。 何度か前を通っても、いつも暗

続きを見る

現役女子大生バービア嬢がパッツン姿でホテルから登校するウドンターニー

これは、2013年にビエンチャンへビザランを行った際に立ち寄ったウドンタニーでのお話。 アットホームアットウドンが満室のため、トップマンションに泊まった。 450バーツほどで泊まれて、

続きを見る

パタヤの大みそかは、打ち上げ花火と爆竹で大騒ぎ

2014/12/30 | エッセイ

年末年始の休暇を利用して、現在、パタヤへ遊びに行っている人も多いでしょう。 わたしは日本で大人しくしています。 わたしが年末年始のパタヤを体験したのは一度だけ。 2012年から2013年にか

続きを見る

パタヤで日本人が行かない遊び場ってどこ?

2014/12/24 | エッセイ

今年1月にはじめてパタヤを訪れた友人を案内したときの話。 ゴーゴーバー、バービア、MP、立ちんぼなど、パタヤ夜遊びの王道とも言うべきルートで案内した。 無難といえば無難な場所ばかりだった。

続きを見る

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。 例によって、最初の一回のみ普通にペイバー。 それからは、かなりの頻度で部屋に来るようになっ

続きを見る

今でも忘れられないコヨーテ嬢

アパートに長期滞在している頃に、とても仲良くなった女性は何人もいた。 その中でも、強く印象に残っているのが、ソイLKメトロの某ゴーゴーバーでコヨーテダンサーとして働いていた19歳。 彼女が

続きを見る

パタヤでアパート暮らしをしていると、夜の嬢が勝手に部屋に来るようになる

徐々にパタヤ滞在が長くなるにつれ、夜の生活も少しずつ様変わりしていくことになる。 元々、毎日ペイバーするほどの金銭的かつ体力的余裕はなかった。 ほどほどに遊んでいればいいやと思っていた

続きを見る

サバイディーボー?シーカンボー?イサーン語を少し覚えると、パタヤの夜はもっと楽しくなるかもね。

2014/12/05 | エッセイ

御存知の通り、パタヤで働く人の多くがイサーン出身だ。 ソムタム売りなんか、あきらかに本場イサーンより数が多い。 パタヤほど露骨ではないけれど、バンコクもイサーン出身者が多い。 彼らイサー

続きを見る

タイへ夜遊び旅行するなら覚える言葉は英語、それともタイ語?

なぜ日本人はタイ語を勉強するのか? パタヤのバービアやゴーゴーバーで飲んでいると、よく質問されることがある。 「どうして日本人はタイ語を話そうとするの? なんで英語は下手なの?」 何

続きを見る

パタヤのロイクラトーンとゴーゴー嬢の思い出

タイの二大祭りといえば、ソンクラーンとロイクラトーン。 ソンクラーンが4月で、ロイクラトーンが11月。 そう、今まさにロイクラトーンの時期だ。 ロイクラトンとは。 タイの灯篭流

続きを見る

パイナイ?と聞かれたら、こう答えろ。とにかく便利なタイ語、ミートゥラ。

2014/11/05 | エッセイ

パイナイとパイナイマー タイにある程度滞在していると、顔見知りが増えてくる。 毎日のように出かけていたり遊んでいたりすると、バーの店員や呼び込みに顔を覚えられる。 ホテルやアパートのフロ

続きを見る

パタヤの洪水とコヨーテ嬢の思い出

最近の大雨で、パタヤはここ10年で最悪の洪水に見舞われたらしい。 ビーチロードには、急遽、排水ポンプが配備されたが、それでも間に合わず。 当局も手をこまねいているわけではないが、対策が追いつか

続きを見る

ゴーゴーバーから立ちんぼまで。タイ夜遊び旅行初心者一名様パタヤご案内

2014/11/02 | エッセイ

今年(2014年)の1月、パタヤに沈没していた時の話。 日本の知人が4人でパタヤへ遊びにきた。 ベテランの一人が他の3人を引率する形。 3人のうち一人が初めてのタイ旅行。 到着初日

続きを見る

ホテルのフロントレディをナンパせよ指令

友人にナンパを託す 2年ほど前の話。 わたしはパタヤにアパートを借りて長期滞在していた。 そんな折、日本から友人がパタヤへ遊びに来た。 名前は、かりにH氏としておこう。 タイへの夜遊

続きを見る

ラン島などパタヤで昼間の観光に付き合ってもらった場合のチップは?

バービア嬢、ゴーゴー嬢、その他、いわゆる夜の女性たち。 彼女たちと仲良くなり、昼間の観光に付き合ってもらったりと、一日中行動をともにすることがある。 その場合、ちょっと悩ましいのが彼女

続きを見る

空港閉鎖の副産物。あなたの職場にもタイ好きがいるかも

2014/09/14 | エッセイ

スワンナプーム閉鎖で、職場復帰が一週間ほど遅れた。 そのことが職場中に知れ渡っていた。 タイで女遊びをしていたと思われているだろうなあ。 まあ、確かに正解なのだが、どうにもカッコが悪

続きを見る

ソイ6のバー、丸ごと一軒買う値段は? パタヤのバーの値段を聞いてみた

今年一月、友人のアテンドでソイ6に行ったときの話。 とあるバーで、2階に上がった友人がなかなか降りて来ず、ママさんとぐだぐだトークしていた。 インド人がバーにやって来て、一発300

続きを見る

ゲイの知り合いがパタヤへやって来た

少し前の話。 知り合いがパタヤへ遊びに来た。 この人は、もう定年をすぎて悠々自適の生活をしている好々爺だ。 が、ずばり、ゲイである。 それもボーイが好きなゲイである。 彼の名

続きを見る

タイの夜の女性たちの薬物使用について。ヤーバーとヤーアイス

オブセッションの夜 去年、パタヤに沈没していた頃の話。 懇意にしているバービア嬢がいた。 夜中、少し酔った状態でわたしの部屋に泊まりに来た。 彼女の部屋で友人たちと宴会していて酔っ払ったそうだ

続きを見る

アドステア

アドステア

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

→もっと見る

PAGE TOP ↑