パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

パタヤに高級日本寿司店と炭火焼肉店がオープン

投稿日:

ここ数ヶ月で新しい日本食レストランがパタヤに増えている。
高級おまかせ寿司店と、おしゃれな日本式炭火焼肉店だ。
場所は中心部から少し離れるが、パタヤにもこういった本格店が出てきている。

SPONSOR LINK



Mitsu Omakase

Mitsu Omakase 寿司 (2)

2019年8月頃にオープンした寿司店だ。
Mitsuとは、満のこと。

Mitsu Omakase 寿司 (1)

いかにも高級そうなたたずまい。一見さんお断りの匂いが漂う。
完全予約制になっているようだ。
おまかせコースのみ。

2500、4500、6500、8500バーツの4コース。
(別途サービス税とVATが17%)
予約時に50%のデポジットが必要。

食材は日本から直輸入。

場所は少々わかりづらい。
サードロードから、Season Chillとi Spaの間の道を入って、右へ曲がったところ。

Mitsu Omakase 寿司 (3)

角に看板が出ている。

地図

Facebook⇒https://www.facebook.com/mitsuomakase/

価格帯を考えると、地元のハイソタイ人や金持ち中国人がメインターゲットだと思われる。
たぶん、日本人はなかなか行けないと思う。いや、行けない。
どうしてもパタヤで日本直送のウニやホタテが食べたいなら、ここへ行けば食べられる。

SPONSOR LINK

Grillicious Japanese Charcoal BBQ

グリルシャス Grillicious Japanese Charcoal BBQ (1)

サードロードからソイボンコットへ抜けるソイバッファローにオープンした日本焼肉店。
こちらも2019年8月頃の新規開店。
グリルシャスジャパニーズチャコールバーベキュー。
グリルシャス日本式炭火焼肉店といったところか。

焼肉屋とは思えない外観をしている。

グリルシャス Grillicious Japanese Charcoal BBQ (2)

こんな洒落た焼肉店は日本でもお目にかかれない。

ユッケ、牛レバー刺身が250バーツ。
A4ランクの日本和牛セットが780バーツ。
単品オーダー可能。特上カルビが490バーツ、上タン塩が260バーツなど。

タイ産・オーストラリア産牛肉もあり。
セットで450バーツ。
単品なら、カルビ200バーツ、ハラミ200バーツなど。

豚肉セットなら160バーツ。

思ったよりも高くない価格設定。

アサヒ生ビールが89バーツ。
焼酎は赤霧島グラスが200バーツ。
チューハイは110バーツ。
日本酒は黄桜どんが150バーツ。
梅酒は180バーツ。
ドリンクも比較的良心的。

プロモーションをやっていることが多く、二人で訪れるとサラダが一皿無料、三人で訪れると豚肉ないし鶏肉が一皿無料など。

ボンコットのソイ3の真ん中あたりにある。
ソイブッカオあたりからは徒歩圏内。

グーグルマップ情報では、Bake n' Brew系列のようだ。ソイエキサイトにあるベーカリーカフェ。
関連記事:ソイエキサイトのBake n' Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

営業時間は、午後4時から午後11時まで。

Facebook⇒https://www.facebook.com/Grillicious.Japanese.BBQ/

まとめ

どちらもおそらくはタイ人オーナーだと思われる。
なんちゃって日本料理ではなくて、本格的な日本食の提供。
パタヤでもこういった路線の日本料理店が増えつつある。

ジャンボ寿司のような大衆向けで安価な料金だが、きちんとした日本の味を提供してくれる店もある。
関連記事:【大幅メニュー追加】パタヤのローカル日本食屋 JUMBO SUSHI(ジャンボ寿司)。カツ丼が好き。
関連記事:ジャンボ寿司が値上げ。100バーツでも大満足のカツ丼。

その一方、高級路線もあり。
選択肢が広がるのはいいこと。

グリルシャスは雰囲気は高級だが、価格的にはそこまで高くないと思う。
まあ、個人的にはムーガタで充分だけれど、たまにはこういう焼肉屋でおいしい牛肉を食べてみたいものだ。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.