パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

2019年パタヤのソンクラーン本格始動

投稿日:

タイの水かけ祭りソンクラーンは毎年4月13日から始まる。
しかしながら、パタヤでは事情が異なり、一部では4月11日に思っきりフライングスタート。
そして、4月19日のワンライまで続く。

関連記事:タイ・パタヤのソンクラーン2019年 水掛けは4月11日スタートで19日まで続く

11日から13日までの様子をさくっとレポート。

SPONSOR LINK



4月11日

ソンクラーン開始マイナス2日。
上掲記事で予定表を書いておいたが、やはり事前の予想どおり、4月11日にソイ7とソイ8では水かけが始まった。
ソイ6でも一部水かけがあったもよう。
11日の夜にソイ7を通ると、ところどころに水たまりが残っていて、昼間のウォーターファイトの激しさを物語っている。
が、夜は水かけなし。小さな水鉄砲で挨拶程度にちょろっとかけられることが一度あっただけ。
ソイ6の様子は見ていないが、あったとしてもおとなしめだったと思われる。
この日はソイ7周辺さえ回避しておけば、水濡れの心配はほぼ無用。

4月12日

ソンクラーン開始マイナス1日。
本格始動まではあと1日あるが、ソイ7エリア以外でもところどころで水かけをやっていたりして油断ならない。

昼過ぎのソイブッカオを見て回る。
一見どこも水かけをやってないような雰囲気。
が、ソイブッカオ北側のクランクコーナーを抜けた先のバービアで水かけをやっていた。
これは過去の経験から予測できたため回避成功。
でも実際に水をかけられたという人が多かったようだ。
油断大敵だが、まあしょうがないです。パタヤの水かけなんて、ルールがあってないようなもんだから。

日没後にもう一度ソイブッカオを走る。
すると、ブッカオ南側、市民病院付近のバービアで少しだけ水かけをやっていた。
が、そこまで激しいものではなく、内輪で遊んでいる程度。
濡れずに通過することができた。

4月13日ソンクラーン本番

本来のソンクラーン当日。
いよいよ今日からが本番。

午後4時前に外出。
ソイブッカオ沿いではもちろん水かけをやっている。

パタヤソンクラーン2019年初日 (1)

基本バービアの前での水かけが中心。
バービアがないところはほぼ水かけなし。

それにしてもいい天気だ。
絶好の水かけ日和。
少しくらい服が濡れてもすぐに乾く。

ソイLKメトロ内は、ブッカオ側の通りで水かけをやっている。

パタヤソンクラーン2019年初日 (4)

それでもそこまで激しくはない。うまく進むば濡れずに通過できるくらい。
ソイダイアナ側ではほぼ水かけなし。

ソイダイアナに出ると、セカンドロードにかけて渋滞。
セカンドロードが大渋滞のため、ソイダイアナからセカンドロードに合流するのが難しい状況だった。

少し場所を移して、ソイブッカオからパタヤタイ(サウスパタヤロード)へ。

パタヤソンクラーン2019年初日 (2)

この通りでは水かけはまったく見かけない。
ローカル向けの市場や商店が多いし、バービアもないため、水かけをやっていないようだ。

パタヤタイとセカンドロードの交差点を右折しても、特に何もなし。まだ渋滞も始まっていない。

パタヤソンクラーン2019年初日 (3)

が、しばらく進むと左右のバービアがあって、どこもかしこも絶賛水かけ中。
そして渋滞がどんどんひどくなっていく。

センタン前でも渋滞。

パタヤソンクラーン2019年初日 (5)

ソンクラーン期間中は、セカンドロードとビーチロードは常に渋滞しているものと考えたほうがいい。

続いて、パタヤの水かけ最激戦区であるソイ7へ。

セカンドロードを進むにつれ、人が増え、水かけが激しくなる。

パタヤソンクラーン2019年初日 (6)

そしてソイ7に入ると一気に爆発。

左右から放水の雨あられ。
容赦なく顔面にバケツ水をぶっかけられる。

給水車も通るし、まともに歩くのすら困難。

パタヤソンクラーン2019年初日 (7)

ソイ7の中央付近にあるバービア密集地帯が一番すごい。

パタヤソンクラーン2019年初日 (8)

おそらくここがパタヤ一の水かけスポット。

パタヤソンクラーン2019年初日 (9)

予備知識なく、この光景に遭遇したら、さぞやびっくりするはず。

ソイ7を抜けてビーチロードに出ても水かけは激しさを保ったまま。

パタヤソンクラーン2019年初日 (11)

大きな貯水ボックスの上に乗って踊り狂う人多し。

ソイ8は、ソイ7に比べるとおとなしめだが、それでも激しい。

パタヤソンクラーン2019年初日 (12)

とりわけ、白い粉を塗りたくろうとするタイ人男が目立つ。
ソンクラーン中は無礼講とされるため、ここぞとばかりに、若いタイ人女性を狙って顔に粉を塗ろうとする。
また、明らかに小学生か中学生くらいの若いタイ人男がバイクに2,3人乗りして、走り回っている。
タイ人男とはトラブルにならないよう、何かむかつくことがあっても、笑顔でスルーしましょう。

そろそろ日没だが、水かけが終わる気配なし。
日が落ちると急に体が冷え出す。
風邪をひかないように体調管理には気をつけるべし。

まとめ

今年も通常通りのパタヤソンクラーン。
激戦区で派手に水かけ遊びをしたいなら、ソイ7へどうぞ。
もしくはソイ6でもいい。
濡れたくない人は外出不可。濡れずに出歩くことはほぼ不可能。
基本は夜7時から8時の間に水かけは終了となるが、守らない人も多い。
夜9時か10時にはほぼ終息するが、それでも一部では水かけをやっていることもある。
常に警戒を怠るな。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.